野生動物調査園員は何歳まで働ける?

この記事はこんな人向け!
・野生動物調査員に興味がある人
・野生動物調査員は何歳まで働けるか知りたい人
・自然や動物が好きな人

野生動物調査員は実際に生き物の生態を調査するために、山奥に調査に行ったり、海に潜ったりと体力も必要になるお仕事です。

そんな体力仕事もある野生動物調査員は、いったい何歳まで働く事ができるのでしょうか?

ここでは、野生動物調査員のお仕事について、そして何歳まで働く事ができるのかについてご紹介いたします。

気になっている方はぜひ参考にしてみて下さい!

野生動物調査員の主なお仕事内容とは?

人間がより安全に暮らしやすくするために、動植物の住処である山や川などに道路や建築物が造られていますが、何も考えず自由に造ってしまうと、動植物の住処が失われ、生態系も崩れてしまい、結果人間の暮らしに影響が出てしまう事もあります。

野生動物調査員は、野生の動物が住んでいる環境を守るために、対象の環境調査を行いデータをまとめ、保全計画を提案するためのお仕事です。

野生動物調査員はこんな仕事に体力を使います!

野生動物調査員のお仕事は以下のようなお仕事に体力が必要となります。

  • 計画のある地へ実際に出向き調査を行う。時には山の中や川の中を調査する事も多い。
  • 調査時間は休憩をはさみながら長時間になる事も
  • 提案が通るように、より伝わりやすく文章をまとめる

実際に現場へ調査に行くことの多いお仕事なので、体力のある方は即戦力となります。

また、現地に行くだけではなく、調査結果をまとめてクライアントに認めてもらうためには、まとめる力や文章力も必要になり、デスクワークも多くなりがち。

長時間しゃがんだ状態でいなければいけない事もあるので、年配の方は少し辛い時間もあるお仕事です。

野生動物調査員は何歳まで働く事ができるの?

野生動物調査員のお仕事は、定年の年齢になるまで働く事が可能で、実際に60歳を超えている方も現役で働いているようです。

また、求人を調査していると、年齢制限は不問とされている所もあります。

野生動物調査員のお仕事では知識や経験が重要となり、より知識や経験がある方を企業は欲しがります。体力のある限り、自然を守ることができるのです。

年齢に応じて仕事内容に変化も

野生動物調査員のお仕事は、調査だけではなくデータ分析や管理などをする担当の方も必要なお仕事です。

例えば、加齢に伴い調査が辛くなってきたという場合はデータをまとめたり、調査の補佐をするなど、調査隊からは外れて、体に負担をかけない仕事内容に変更する事ができる企業もあります。

このような待遇は企業によって変わりますが、このように働いている方々の状況や体調に合わせて担当を振り分ける事ができる所もありますので、年齢について心配な方は事前に聞いておくと良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

野生動物調査員のお仕事には、企業にもよりますが60歳を超えても働いている方がいらっしゃるように、定年の年齢まで働く事ができるお仕事です。

自然を守る重要なお仕事なので、年齢より知識や経験を最優先して採用している企業もあります。年齢制限が気になるという方は、一度問い合わせてみるコトをおすすめします!