野生動物調査員になるための専門学校のメリット・デメリット

この記事はこんな人向け!
・野生動物調査員に興味がある人
・野生動物調査員になるための専門学校のメリット・デメリットについて知りたい人
・自然や動物が好きな人

野生動物調査員になるためにはいくつか道があり、その中でも専門学校に行きたいと考えている方もいらっしゃるかと思います。

そこで、野生動物調査員になるための専門学校について、メリット・デメリットをご紹介いたしますので、気になる方はぜひ参考にしてみてください!

野生動物調査員になるための道とは?

野生動物調査員になるためには、以下のような方法があります。

  1. 高校卒業後、大学に入学・卒業
  2. 高校卒業後、大学に入学・卒業、大学院に進学・卒業
  3. 高校卒業後、短大に入学・卒業
  4. 高校卒業後、専門学校に入学・卒業
  5. 高校卒業後、専門学校に入学・卒業、大学へ編入・卒業

高校卒業後に野生動物調査員となる事は、不可能ではありません。

しかし、かなり厳しい道のりとなりますので、より就職に有利となりたい方は最低限、大学や専門学校を卒業しておくことをおすすめします。

野生動物調査員の専門学校のメリット

野生動物調査員になるための専門学校のメリットを見ていきましょう!

調査員関連の就職先が豊富

調査員関連の求人が豊富でない中、野生動物調査員になるための専門学校では、様々な企業との連携が取れている専門学校が多いので、卒業後の就職先に悩まされることもないでしょう。

就職サポートをしてくれる専門学校がほとんどで、就職率は90%~100%の実績を持つ専門学校がほとんどで、卒業後に高い確率で野生動物調査員として働く事が叶います。

専門学校によって初年度納入金が安い事も

専門学校によって初年度納入金は大きく違い、大学と比べると100万円~200万円ほど安くなる事もあります。

年制によって金額も大きく変化するため、必ず希望する大学や専門学校の資料で卒業までにかかる費用をチェックしておきましょう。

野生動物調査員の専門学校のデメリット

野生動物調査員の専門学校のデメリットはどのような事でしょうか?

選択肢が少ない

野生動物調査員の専門学校はまだ数少なく、全国各地にあるわけではありません。

専門学校の選択肢が少ない点が大きなデメリットと言えるでしょう。

交通費や生活費がかかる

どの専門学校でも言えることですが、特に野生動物調査員の専門学校は数が少なく遠方から通っている方もいらっしゃいます。

そうすると、多額の交通費がかなりかかってしまうほか、大学付近に引越す場合は家賃の負担も増えます。

専門学校によっては、寮を使用できることもありますが、全ての専門学校で寮を用意しているわけではないので、事前にチェックしておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

野生動物調査員の専門学校の一番のメリットは「就職先が豊富」という点です。

野生動物調査員の求人はそれほど多くなく、タイミングによってはほとんど求人が無い状況にあることもあります。

専門学校で就職サポートを受けながら自分にピッタリな職場選びが出来る点は、とても嬉しい事ですよね。

野生動物調査員を目指している方はぜひ、専門学校も視野に入れておいてみてはいかがでしょうか?