野生動物調査員の夜間学校や通信講座について

この記事はこんな人向け!
・野生動物調査員に興味がある人
・野生動物調査員の夜間学校や通信講座に興味がある人
・自然や動物が好きな人

野生動物調査員を目指しているけど、生活費や学校に通うための交通費などを作るために、アルバイトをしながら勉強をしたいと考えている方もいらっしゃるかと思います。

野生動物調査員を目指せる、夜間の学校や通信講座はあるのでしょうか?

ここでは、野生動物調査員の夜間学校や通信講座についてご紹介いたしますので、気になる方はぜひ参考にしてみてください!

野生動物調査員の夜間学校や通信講座はありません

結論から言うと野生動物調査員の夜間学校や通信学校は残念ながら、今のところ見当たりませんでした。

専門学校や大学を卒業したいと考えている方は、夜間や土日祝のアルバイトを探しましょう。

野生動物調査員に必要な知識とは?

野生動物調査員に必要な知識はどのような事でしょうか?

  • 生態系の専門的知識
  • 建物についての知識
  • データ分析能力
  • コミュニケーション力
  • PCの知識

野生動物調査員は、人間が作る公共事業などの工事によって、野生動物に与えられる影響などを調査し、分析を行うお仕事です。

そのため、生態系についての知識はしっかりと身に着けておく必要があります。

さらに、集めたデータを分析しクライアントへ提案をする際に提案を聞いてもらうための説得・話術も必要となるので、コミュニケーション力も必要となります。

また、山の中や街中などを長時間歩く事も珍しくはない職業なので、体力も付けておく必要があります。

野生動物調査員は、多方面においての能力が必要となることもあり、難しく過酷なお仕事と言われています。

野生動物調査員に必要な知識を学べる通信講座

野生動物調査員の専門的な知識を学ぶことが出来る通信講座はなく、生き物や自然についての専門的な勉強は専門学校や大学でおこなう必要があります。

しかし、野生動物調査員に必要な知識を学ぶことが出来る通信講座はいくつかありますので、ご紹介いたします。

英会話系の通信講座

野生動物調査員に限りませんが、英語能力はどの職業であっても身に着けておいて損はありません。

特に野生動物調査員のような、自然に関係するお仕事では海外へ行くことや、海外から来日される事もあります。

英会話ができる方はどの職業でも即戦力になるので、学習しておくことをおすすめします。

心理関係の通信講座

野生動物調査員のお仕事は、調査結果をクライアントへ説明し、こちらの提案を了承していただくためにも、うまく説明をする能力が必要となります。

心理関係の通信講座の中でも「コミュニケーション力」や「心理学」について学んでおくと、クライアントに対しての提案や説明力がさらにアップします。

IT・PC系の通信講座

野生動物調査員のお仕事は調査だけがお仕事ではなく、調査の結果をPCで管理をしたりまとめる必要があります。

そのため、最低限PCを操作できる能力が必要となります。

PCの技術が足りないと感じている場合は、ITやPC関係の講座で勉強する事も可能です。

まとめ

いかがでしたか?

野生動物調査員になるための、夜間学校や通信講座はありませんでしたが、野生動物調査員に必要な知識や技術を学ぶことができる通信講座はいくつかありました。

生き物や自然については通信講座で学ぶ事はできませんが、それ以外で自分に足りていないと感じている事は通信講座を利用するのも良いでしょう!