野生動物調査員の学校で勉強することや学校生活について

この記事はこんな人向け!
・野生動物調査員に興味がある人
・野生動物調査員の学校で勉強することや学校生活について知りたい人
・自然や動物が好きな人

野生動物調査員のお仕事は、自然と生き物について調査し、守ることができる素敵なお仕事です。

自然や生き物が大好きな方の中では、野生動物調査員になることを夢にしている方もいらっしゃるかと思います。

野生動物調査員になるためには、大学や専門学校で専門的な知識を学ぶ必要がありますが、具体的にはどのような勉強をするのでしょうか?

ここでは、野生動物調査員になるために学校でどのような勉強をしているのかについてご紹介いたします。

野生動物調査員を目指すための学校の種類とは?

野生動物調査員を目指すための学校の種類は以下の通りです。

  • 動物や海洋の専門学校
  • 獣医師の専門学校・大学院
  • 生物学や畜産、農業、地理学、コミュニケーション学が学べる大

自分が野生動物調査員をしていく上で、どんな知識を向上させたいかによって、大学や専門学校を選ぶようにしましょう。

大学に行くための偏差値は?

生物学やコミュニケーション学などが学べる大学に入る場合、最低限必要とされる偏差値は55~62程度と言われています。

偏差値が足りていない方は、偏差値が足りていないと諦めてしまう前に、家族や先生に相談をして対策を立てていきましょう。

野生動物調査員を目指す学校で勉強することや学校生活

野生動物調査員を目指す学校では、入学する学校によって学べる内容も変わってきます。ここでは、野生動物調査員を目指せるいくつかの大学や専門学校の一部をご紹介いたします。

東邦大学の場合

野生動物調査員を目指せる大学「東邦大学」の理学部・生物学科では、生物学のあらゆる領域をバランスよく学ぶ事が出来たり、実際に自然の中で調査や研究を学ぶことができます。

また、環境生態学コースでは、生き物の生態やそれらに関わる人間の影響を科学的に観察したり分析する知識と技術を身に付け、整理・修復の対策の計画作りを勉強する事ができます。

東邦大学の詳しい内容はこちら

帯広畜産大学の場合

野生動物調査員を目指せる大学「帯広畜産大学」の環境生態学ユニットでは、多様な生物群を含む生態系の仕組みや、自然環境との関係を学び、環境の保全や管理についての基本的な能力を身に着ける事が出来ます。

さらに、大学院に上がると、野生動物調査員に必要な獣医学や畜産課学専攻博士の前期・後期の過程を受ける事ができます。

帯広畜産大学の詳しい内容はこちら

神戸動植物環境専門学校

野生動物調査員を目指せる専門学校「神戸動植物環境専門学校」のワイルドアニマルコースは、野生動物の生理生態を学び、実際に野生動物の調査や生息環境の保全に関係した技術を学ぶことが出来ます。

実際に動物園が行っている野生動物の保護や種の保存活動、行動展示の手法を学ぶこともできます。

神戸動植物環境専門学校の詳しい内容はこちら

まとめ

いかがでしたか?

野生動物調査員に必要な知識や技術を学べる学校はいくつかありますが、今回はその中でも3校をご紹介いたしました。

大学や専門学校選びはまず、自分が学びたいことは何か?自分が持っている知識で足りていない事はなにか?を考えながら選ぶことがおすすめです!