ハンドラーの求人状況・就職先の選び方について

この記事はこんな人向け!
・ハンドラーに興味がある人
・ハンドラーの求人状況・就職先について知りたい人
・ハンドラーに憧れている人

ハンドラーという仕事に憧れを持っている方の中には、実際にハンドラーはどのような就職先があるのか、分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は、ハンドラーの就職先の選び方について、また求人状況についてもご紹介いたしますのでぜひ参考にしてみてください。

ハンドラーの就職先の選び方とは?

ハンドラーの就職先の選び方は、あなたがハンドラーとしてどのように活躍したいのかによって、就職先も変わってきます。

プロのハンドラーの方のもとで修行をする

ハンドラーとしての腕を磨きたいという方は、プロのハンドラーの方のもとで、修行をし、経験を積んでいくという方法があります。

しかし、この場合のお給料はあまり多くは見込めないと覚悟しておいた方がいいでしょう。元々家庭犬のハンドラーのお仕事のみで生活を十分に支える事は少し難しい所でもありますのでプロのハンドラーの方の中でも、副業としてハンドラーをしているという方は多くいらっしゃいます。

ドッグトレーナー/トリミングサロン

プロのハンドラーの多くは、個人でトレーニングやトリミングをしているという方もいらっしゃいます。

ハンドラーとして培ってきた技術を、ドッグトレーナー施設やトリミングサロン施設などで活かす事も出来ます。

JKC会員の犬を委託する

JKC会員であり、プロのハンドラー認定資格を持っている方であれば、JKC会員の犬を委託してハンドリングする事も可能です。

ファシリティードッグ/セラピードッグハンドラー

ファシリティードッグハンドラーとは…動物介在療法の犬を育て、患者さんの心のケアを行うお仕事です。

セラピードッグドッグハンドラーとは…病院に入院されている方、高齢者や障害を持つ方などの、心のケアを行う犬を育てるお仕事です。

この二つのお仕事は近年注目されているお仕事で、今後活躍する犬も増えてくるのではないかと期待されている職種です。

特殊犬養成所

特殊犬養成所は、麻薬などの密輸入を防ぐための麻薬探知犬災害にあった地域に行き、災害救助のお手伝いをする災害救助犬のハンドラーとして活躍する事ができます。

ハンドラーの求人状況について

ハンドラーのお仕事の多くは、個人で活動している方が多く、家庭犬のハンドラーを募集している所は、現時点(2021年3月)では見当たりませんでした。

ハンドラーとして活躍したいという方は、ハンドラーとしての技術や知識を活かせる職場へ就職するか、プロのハンドラーの元で修行し、技術や知識を磨いていく事も視野に入れておく事がおすすめです。

しかし、家庭犬ではなく、国と人のためのお仕事である【災害救助犬ハンドラー】や【空港内の探知犬ハンドラー】の求人が定期的に数件募集されているようでした。

まとめ

いかがでしたか?

ハンドラーの就職先には

  • プロのハンドラーの方のもとで修行をする
  • ドッグトレーナー/トリミングサロン
  • JKC会員の犬を委託する
  • ファシリティードッグ/セラピードッグハンドラー
  • 特殊犬養成所

主にこれら5つの施設で活躍する事が出来ます!

また、現在のハンドラーの求人状況は、現時点で家庭犬のハンドラーの募集はありませんでした。しかし、災害救助犬のハンドラーや空港内で活躍する探知犬のハンドラーの募集は定期的にされているようだったので、目指している方は、定期的にチェックしてみてください!