ハンドラーになるための適性・必要なスキルとは?

この記事はこんな人向け!
・ハンドラーに興味がある人
・ハンドラーになるための適正・必要なスキルを知りたい人
・ハンドラーに憧れている人

ハンドラーになるためには、いくつか取得しておきたいスキルがあります。通常の、愛犬や預かりをしたワンちゃんを育て、ドッグショーなどで活躍するハンドラーと、空港で活躍する、麻薬探知犬を育てるハンドラー、あなたがどのハンドラーになりたいかによって、勉強しなければいけない事も変わってきます。

そこで今回は、通常のハンドラーと国家公務員のハンドラー両方の必要な適性スキルについてそれぞれご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてください。

ハンドラーの適性・必要スキル

ハンドラーのお仕事は主に、ドッグショーに出場をするワンちゃんの魅力を最大限に引き出すために日々の訓練・お世話を行います。

そのために必要とされている資格は特にはありませんが、いい成績を残せるようにワンちゃんの特徴を熟知し、それぞれの特徴の良さを引き出すための知識・技術を身に付けなければいけません。

トリミングスキルは必須!

ハンドラーになるために、確実に持っておきたいスキルはトリミングスキルです。

ワンちゃんの良さを最大限に発揮するためには、被毛のお手入れが欠かせません。

犬という生体を知る事も大切

ワンちゃんの食事についてや生体についても十分に学ぶ必要があります。犬種特有の性格や個性を知る事も大切ですし、食事は、健康的で綺麗ば被毛や体格を維持するためには重要な事です。

ハンドラーとして活躍するためには、ワンちゃんの全てを理解する姿勢で勉強に取り組まなければいけません。

公認ハンドラー試験について

ハンドラーになるために、必要となる資格はありませんが、多くのハンドラーが取得を目指している「公認ハンドラー」という資格があります。公認ハンドラーはJKC(ジャパンケネルクラブ)公認の資格で以下の5段階に分かれています。

  • C級
  • B級
  • A級
  • 教士
  • 師範

A級からの試験難易度はC・Bに比べるとグンっと上がります。プロのハンドラーを目指している方は、A級以上の資格を取得しておきたいですね。

国家公務員ハンドラーの適性・必要スキル

国家公務員のハンドラーは、ワンちゃんについての知識はもちろん、国家公務員試験に合格する知識も備えておかなければいけません。

空港の税関でハンドラーとして働くための国家試験は「一般職」です。税関で活躍する国家試験にはもう一つ「総合職試験」というものがあります。

一般職になるためのスキルを身に着けるために勉強をする+ハンドラーとして必要なスキルを身に着けるには、相当な努力と時間を要します。

まとめ

いかがでしたか?

ハンドラーになるために、必要となる資格はありませんが、最低限必要な適性スキルは持っておかなければいけません。

  • トリミング
  • 動物看護学
  • 獣医学
  • コミュニケーション学

など、ワンちゃんの生体を詳しく知るためには、上記のようなスキルと、ワンちゃんの個性を最大限に引き出す技術があれば、プロのハンドラーになる事も夢ではないでしょう!