ハンドラーに未経験から転職する方法

この記事はこんな人向け!
・ハンドラーに興味がある人
・ハンドラーに未経験から転職したい人
・ハンドラーに憧れている人

ハンドラーのお仕事は、犬の日々のお世話に加え、トレーニングやお手入れなどを行い、ドッグショー当日に、犬の魅力を最大限に発揮させ、好成績を残すためのお仕事です。

ペットが大人気の現代で、ハンドラーとして活躍したいと思う方も増えてきていますが、現在、ハンドラーに転職したいという方の中には、「全くの未経験だ」という方もいらっしゃるかと思います。

今回は、ハンドラーに転職、未経験になるにはどうすればいいのか?についてご紹介いたします。

ハンドラーに必要な知識について

ハンドラーに必要な資格はありませんが、最低限の基本的な知識が必要となります。犬に関しての知識を身に付けなければ、ハンドラーとして活躍することは難しいでしょう。

犬種ごとの特徴を知る事が重要

ハンドラーのお仕事は、その犬の魅力を最大限に発揮させる事です。そのためには、その犬種ごとの特徴を知らなければいけません。

カットなどの技術もある事に越したことはありません。ハンドラーとして活躍している方は、自身でトリミングをしているという方も多くいらっしゃいます。将来は、自身でトリミングが行えるくらいの技術を身に着けることを目標にするのも良いかもしれません。

トレーナーとしての技術

ハンドラーはドッグショーで良い成績を残せるように、トリミングだけではなくパフォーマンスに関しての知識も必要となります。

そのためには、ドッグトレーナーに必要な知識を身に着けると良いでしょう。

ハンドラーに未経験から転職する方法とは?

ハンドラーに未経験からなるためには、無知識からとなると難しいでしょう。求人などでハンドラーが募集されている事もありますが、「未経験でもOK」とされていても、最低限の知識を必要としている企業や資格必須となっている所も多いです。(未経験OKとされている所では、中には働きながら技術や知識を付けるようにとおっしゃっていただける事もあるようです。)

知識を得るためには、勉強と経験が必要ですが、今から転職したいと考えている方の中には、専門学校に入学する事が難しいという方もいらっしゃるかと思います。そこでおすすめなのが「通信講座」です。

ハンドラーになるための通信講座とは?

「仕事をしながら専門学校に通う事が難しい」「早く資格が欲しい」という方には、専門学校に比べても安く受講が出来て、早く資格取得が可能な通信講座での学習がおすすめです。

働きながら隙間時間で学習する事もできます。専門学校に比べると実技不足ではありますが、スクーリング制度という制度を使うと、プロの方から指導を受けられる通信講座もあります。

未経験から転職したいという方は、転職を決めるまでに通信講座で学習しておく事をおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?

資格の必要が無いハンドラーのお仕事は、誰でも目指す事はできます。しかしプロを目指すのであれば、知識や経験などは必要不可欠です。ハンドラーに未経験から転職するためには、まず犬に関しての知識を得る事が大切です。

また、転職しやすい方法としては、資格を取得しておく事ですが、「未経験からでもOK」とされている求人に、応募してみる事もおすすめです!