ドッグトレーナーの求人チェック方法は?

この記事はこんな人向け!
・ドッグトレーナーになりたい人
・ドッグトレーナーの求人を調べる方法を知りたい人
・動物に関わる仕事をしたい人

ドッグトレーナーになるには犬の専門学校や大学などを卒業してから求人に応募して採用される必要が、あります。

では、その求人選びの段階で何に注意したらいいのでしょうか。

この記事では、そんな表には分からない、求人チェックのコツを解説していきます。

表面上では分からないドッグトレーナーの就職先について

1~2社ドックトレーナーとして勤務した経験がある方は、どういう点に注意しながら就職先を検討していけばいいか分かる方が多いことでしょう。

しかし、未経験で1社目を検討していく場合は何が良くて何が悪いのか分からない点の方が多くあるのです。

注意すべき求人項目は?

☆給料が25万円~残業ほぼなし!ドックトレーナー未経験大歓迎☆

皆さんは、このような求人があれば応募しますか?

実はこの求人には注意すべき項目が3つ含まれていますので解説します。

「給料25万円~」

設定額が高すぎます。仕事量が多すぎないか質問する必要があります。

「残業ほぼなし」

ほぼないというのは何時間なのでしょうか?

求人広告には20時間をほぼないと言う企業も、5時間をほぼないという企業もたくさんあります。具体的に質問する必要があります。

「未経験大歓迎」

逆にどのレベルまでスキルがあればいいのでしょうか。

人との接客経験があればOKな企業、トリミングぐらい経験あるでしょうと求める企業、さまざまです。

書面上だけで「自分にもいけそうな良い企業!」と早とちりするのには注意しましょう。

これがあったら安心!すてきな求人条件は?

では、逆にどういった項目があれば就職後もHAPPYな、ドックトレーナーライフを送ることができると思いますか?

「過去5年間退職率10%以下」

離職率が本当に低い企業は、それを全面的に出すことが多いです。

具体的な数値が記載されていたら本当に安心して就職することができます。

「賞与年2回(1回あたり2カ月分給与支給)」

賞与を年に2回支給することは、設定されているものの、実際は雀の涙程度…なんて企業はざらにあります。

具体的な過去の実績があると安心して応募できます。

「社員同士風通しがバツグン」

どの業界でも人が退職する最大のポイントは人間関係の善し悪しです。

皆がパーフェクトに仲が良い職場はなかなかありませんが、風通しが良ければある程度安心できます。

ドッグトレーナーの求人例について

では、ここからは具体的なドックトレーナー求人を見ていき、ご自身がこの仕事で働けるのか想像していきましょう!

給料・福利厚生の一覧

【A社】給与170,000円~200,000円/昇給:あり賞与:あり(年2回、7万円~10万円)

【B社】給与 250,000円以上/賞与有(昨年実績5.5ヶ月)、自転車・バイク通勤OK、食事付き、住宅支援(3万円/月)

【C社】給与170,000円?/35歳未満

このように、3社だけでも賞与の記載方法はばらばらです。

賃金に自信のある企業は全面に書き出していますが、平均並みであれば具体的数値は記載していません。

文字では分からない就職先のポイントって?

求人例を一部ご紹介しましたが、求人票からは分からないポイントはたくさんあります。

  • オーナーは性格的に穏やかな方か?厳しい人か?
  • 残業は毎月どれくらいあるのか?帰宅しやすい雰囲気なのか?
  • 一緒に働く人たちは、性格がどうなのか?
  • 転勤の頻度はどれくらいなのか?

このように、書面上では全くわからないけれど、重要な点がたくさんあります。

これらを判断するのは面接に行って、現地で直接お話するしかありません。

話し方、面接してくれる人の雰囲気はどうなのか?実際にお会いして判断することがとても大切です。

3.まとめ

いかがでしたでしょうか。

初めてなら、注意深くなってしまうのですが、全てがパーフェクトな職場はなかなかありません。

どこかで折り合いを付けて、すてきな職場に就職できることを願っております!