わたしの理想のドッグトレーナー像とは?

この記事はこんな人向け!
・ドッグトレーナーになりたい人
・ドッグトレーナーの理想像を知りたい人
・動物に関わる仕事に就きたい人

おそらくどんな職業にも「こんな風になりたい」や「あんな仕事がしてみたい」という夢や目標があるかと思います。

ドッグトレーナーのお仕事も同様に、犬のことが本当に好きで、やりがいを求めたいと思う方も多いのでしょう。

では、理想のドッグトレーナー像とはどのようなものなのか?「わたしが思う理想像」としてお話していきましょう。

理想のドッグトレーナー は人に対して好意を持ち、好意を持たれること

ドッグトレーナーのお仕事は、やりがいがある反面、つらいことやきついことがあるもの。犬が好きというだけでは務まらない側面があるのです。それは対人関係に大きく左右されると言えるでしょう。

犬のしつけは経験で何とかなるもの。しかし…

ある程度の知識や経験さえあれば、誰でもドッグトレーナーとしての適性はあるものです。

犬は信頼関係さえできれば吠えもしませんし、文句も言いません。また人間よりも素直なのです。

では人の場合はどうでしょうか。人はちょっとしたことで不満に感じますし、思ったことをずけずけと言ってくる人もいるでしょう。

中には文句を通り越してトレーナーを傷つける言葉を投げてくるかも知れません。

依頼者である飼い主さんには様々な性格の方がいますから、犬を訓練すること以上に大変なのは、いかにして飼い主さんとコミュニケーションを取れるかなのです。

言葉のキャッチボールをしっかりと

逆を言えば、飼い主さんも不安を抱えています。愛犬を預けるわけですから、ドッグトレーナーが訓練をするのか?またどんな性格なのかも知りません。

そこで大切になってくるのが言葉のキャッチボールなのです。

不安を感じる飼い主さんの言葉をよく聞き、またどうすれば良いかを的確にアドバイスしてあげること。

最初は他愛ない会話や話題でも構いません。明るく前向きになれる言葉で気持ちを解きほぐしてあげることが大切なのです。

理想のドッグトレーナー は強くて優しいこと

ドッグトレーナーに求められること。もう一つは強さと優しさです。どちらも両極端な言葉ですが、犬や飼い主さんから信頼を得るために、とても大切なことです。

粘り強く、へこたれない強さ

正直、根気の続かない人にはドッグトレーナーの仕事は向いていません。犬のしつけはマニュアル通りにはいきませんし、それぞれ犬種も個性も違うため千差万別なのです。

ある程度、経験がカバーしてくれる面もありますが、過去の経験則が即結果に繋がるということではないのです。

犬が従わない時、集中しない時、噛まれた時、色々なシチュエーションの中で壁にぶつかることもあるでしょう。そんな時に自分を信じることが成功への近道です。

試行錯誤しつつ、粘り強く、何度でもトレーニングにトライすることが最も必要なことですね。

厳しさの中に優しさを併せ持つ

犬には人間に劣らない感情があります。単に言うことを聞かせるだけなら子供にだってできるでしょう。しかし、それでは犬と信頼関係を築くことなどできません。

リーダーが誰なのか?また従うとどんな良いことがあるのか?理解させることが必要です。

また犬に厳しくするだけでなく、褒めることや優しくすることも大事です。そして飼い主さんがきちんと信頼関係が築けるようアドバイスして下さい。

広くインフルエンサーになれること

ドッグトレーナーのお仕事は、そこにトレーニング料が発生しますから商行為にあたります。しかし世の中にはドッグトレーナーに頼る手段を持たず、悩まれている飼い主さんも多いはず。

そこでSNS等を使って簡単なアドバイスを開示出来たら良いと思います。

悩みのカテゴリーに応じて簡単な解決策を書きましょう。また独自にyoutubeチャンネルなどを開設する方法もあります。

現在活躍されているドッグトレーナーの多くは、積極的にSNSを使って情報発信されていますし、そうすることでドッグトレーニングの認知度を広めているのです。