家畜人工授精師は激務?勤務時間と休日

この記事はこんな人向け!
・家畜人工授精師に興味がある人
・家畜人工授精師の勤務時間を知りたい人
・家畜人工授精師の休日を知りたい人

家畜人工授精師は基本的に忙しい日々を送っています。

働く職場によってはお休みが取りにくい状況にあることも事実ではありますが、実際の勤務時間や休日はどのようになっているのでしょうか?

家畜人工授精師は激務?勤務時間と休日

家畜人工授精師の仕事の忙しさと併せて職場ごとに勤務時間や休日について解説していきます。

家畜人工授精師は激務?

家畜人工授精師の数は現状少ないのに対して農家さんからの依頼は多い傾向にある為、必然的に家畜人工授精師の毎日は忙しくなります。

地域にもよりますが、1日に100㎞~150㎞程の移動距離が発生し、担当する数としては一人当たり約15件にのぼります。

慣れてしまえば効率よく動くことができるようになると思うのですが、忙しさに慣れるまでには少し時間がかかってしまうのかもしれません。

家畜人工授精師の勤務時間

家畜人工授精師の勤務時間は牧場、農協、家畜診療所かなどによって変わってきます。

牧場では朝と午後に分けていることが多いです。

例えば、6:00~10:15 15:15~19:30などです。

この場合、6:00~19:30までの拘束があるため長く感じてしまうのかもしれないですが、10:15~15:15までは休憩時間として取ることが出来ます。

実働でいうと8時間になります。昼休みが長い事が特徴です。

農協の場合の勤務時間は、6:45~17:00の内、11:00~14:00までが休憩時間となったり、場所によっては8:00~17:00と時間が決められている場所もあります。

そして家畜診療所については変形時間労働制のところが多いのですが、目安として8:00~17:00までとなっている場所が多く見受けられます。

家畜人工授精師の休日

牧場の場合、休日は割としっかり取ることが出来ます。

土日よりは平日に隔週2日というパターンが最も多く普段の休日であれば4週6休になります。

その他にも夏季休暇や冬期休暇、場合によっては特別休暇を設けている牧場もあります。

農協の休日はシフト制で週休二日制を基本としています。そして年間休日は100日程度と決められていることが多く、場所によっては土日祝日が休日となっていてカレンダー通りに働ける場所もあります。

続いて、家畜診療所での休日ですが牧場と同様にシフトにより4週6休制で、夏季休暇や冬期休暇は設けられているところが多いです。

いかがでしたでしょうか?

家畜人工授精師の勤務時間は働き先により異なってきますが、平均すると6:30~17:00のところが多いようです。

また、休日は週休2日制や4週6休となっており、夏季休暇や冬期休暇などはしっかりと取ることができるでしょう。

そして、場所によっては特別休暇なども設けられているため働く前に確認しておいた方が良いのかもしれないですね。