ドルフィントレーナーになるために見習いから働ける?

この記事はこんな人向け!
・ドルフィントレーナーに興味がある人
・見習いからドルフィントレーナーになれるのか知りたい人
・水族館に就職したい人

ドルフィントレーナーとはとても人気の高い仕事です。

そのため、もともと少ない求人情報に希望者が多数集まるため倍率は非常に高く、働ける先を見つけるだけでも苦労してしまいそうですが、少しでも就職に有利になる方法として大学や専門学校にある制度を利用して実習生として就労体験から始める方法があります。

ドルフィントレーナーになるために見習いとして働ける?

ドルフィントレーナを目指している人たちが見習いとして働くことが出来るのかという疑問にお答えすると共に大学や専門学校のインターンシップ制度についてご紹介していきます。

ドルフィントレーナーになるには見習いから働ける?

全国に約30か所のイルカを飼育している水族館では、定期的な求人は出ておらず基本的に欠員補充のような形になります。

そして僅かな求人を求めて応募も殺到し、様々な技量を持っている人たちが集まってくるため倍率も非常に高くなってしまいます。

最初から見習いとして働くことは難しいのですが、少しでも就職に有利になる方法として、専門学校や大学にある制度を利用して実習生として就労体験を行うことが出来ます。

実は、最初に実習生として現場を体験した後で契約社員やアルバイトとして採用されることが最も多く、更にその後、頑張りが認められれば晴れて正社員としてのステップアップを踏むことが可能になります。

大学・専門学校のインターンシップ制度

インターンシップ制度とは希望する業種でお試し期間として働くことのできる就労体験の事です。

5日から1か月程度の期間で水族館などの企業側が学生に働く場を提供してくれるので、そこに参加することが出来ます。

中にはとても短く1日のみの場合もありますが、企業側として多くの事を学べるプログラムを考えて開催してくれていますので、たった1日だとしても貴重な体験ができるはずです。

実習生側としても職場環境や企業方針を知ることが出来、インターンシップ先である企業側としても体験する人の知識であったり技能、仕事への姿勢、コミュニケーション能力などを見極めています。

そして、インターンシップ先からの評価を得ることが出来れば企業との懸け橋となり就職活動においても一歩リードすることができます。

企業からの評価を得るためには、実践で使える技術を習得しておくことが大切になります。

いかがでしたか?

ドルフィントレーナーになるためには、最初から見習いとして働き始めるのは難しいのですが

大学や専門学校のインターンシップ制度を利用して実習生になれれば就活の際に周りよりも

1歩リードすることが出来ます。

ただ、実技がとても重要となってくるのでインターンシップで実習生になる前にしっかりと学校で身に着けておいた方が良いでしょう。