ドルフィントレーナー専門学校のメリット、デメリットを紹介

この記事はこんな人向け!
・ドルフィントレーナーに興味がある人
・ドルフィントレーナーの専門学校について知りたい人
・水族館に就職したい人

イルカの飼育員、調教師、ドルフィントレーナーは毎年多くの人が希望します。

ドルフィントレーナーは人気の職業です。

しかし、一握りの人しかなれない稀少な職業になります。

そんな、ドルフィントレーナーになりたいと人や、ドルフィントレーナーを目指す子どもの親御さんに、ドルフィントレーナーの専門学校のメリットやデメリットをご紹介します。

是非、進学の参考にしてください。

ドルフィントレーナー専門学校とは?

ドルフィントレーナーになるために、何の資格が必要でしょうか?

答えは、ドルフィントレーナーになるために、特別な資格、条件はありません。

しかし、生き物や観客を相手にする職業なので専門知識、技術が必要です。

ドルフィントレーナーの専門知識や技術の習得のために、専門学校がおすすめします。

では、ドルフィントレーナー専門学校のメリット、デメリットをご紹介です。

ドルフィントレーナー専門学校のメリット

ドルフィントレーナー専門学校のメリットは、なんといっても研修、実習が充実している点です。

全国の水族館で、実際に研修したりダイビングの実習を行ったりとドルフィントレーナーに必要な技術が、プロから学べる学校もあります。

加えて、ドルフィントレーナーになるためのカリキュラムが、しっかりと組まれている専門学校は、潜水士の国家資格取得対策までが施されているのです。

学費は年間110万円~150万円で二年制の専門学校が多いことから卒業までに約300万円くらいです。四年制の大学が400万円~600万円と比べると1/2位に抑えられます。

ドルフィントレーナー専門学校の一番のメリットは卒業後の就職までサポートしてくれる点です。

以上を考え、専門学校はドルフィントレーナーになるための環境が、整っていると考えていいでしょう。

ドルフィントレーナー専門学校のデメリット

ドルフィントレーナー専門学校は大学と比較すると、技術や経験は優れているのですが、知識という点では劣ってしまいます。

ドルフィントレーナーになるために、取得すると有利になる学芸員などの資格も、大学で規定の履修が必要になるため、取得が出来ないこともあります。

全ての水族館ではないのですが、正社員は大学卒業者というところもあるようです。

ドルフィントレーナー専門学校を選ぶポイント

ドルフィントレーナー専門学校を選ぶポイントは、研修や実習が多く、経験が積める学校を選ぶことです。

専門学校では就職したい施設や、気になる水族館などをインターンシップに選んで、研修を受けられる学校もあります。

インターンシップは技術以外に、職場環境や企業方針を知るいい機会です。

実習を通じ、企業を見極める間に、企業もあなたの技術、知識、人柄などを見極めマッチングしています。

このインターンシップ時の評価が、企業との架け橋になるのです。

専門学校で、実践で使える知識や技術を習得することが大切になります。

進学希望のドルフィントレーナー専門学校が、どのような実習や研修を行うなうのか、どの水族館と繋がりがあり、インターンシップなど経験できるのかを見極め、在学中だけでなく就職も考えて専門学校を選ぶことが大切になってきます。

まとめ

ドルフィントレーナーになりたい人、ドルフィントレーナーになりたい人の親御さんに

向けて、ドルフィントレーナー専門学校をご紹介してきました。

この記事のまとめは、以下の通りです。

  • ドルフィントレーナー専門学校は、研修や実習が充実している。
  • 大学と比べると費用が安い。
  • 大学卒業者と比べると、知識は劣る。
  • 大学卒業者しか取得できない資格がある。
  • 専門学校にはインターンシップがあり、自己アピールのよい場所になっている
  • 専門学校を選ぶときには、研修や実習の経験と、水族館との繋がりを考えて選ぶ。

ドルフィントレーナーになりたくて、専門学校を悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。

ぜひ、この記事をお読みいただきイルカとステージに立てるように祈っております。

最後までお読み頂きありがとうございました。