ドルフィントレーナーの適性とは?必要なスキルも紹介

この記事はこんな人向け!
・ドルフィントレーナーに興味がある人
・ドルフィントレーナーの適正を知りたい人
・ドルフィントレーナーに必要なスキルを知りたい人

ドルフィントレーナーはおもにイルカを相手にした仕事です。そのため忍耐強さと体力がある人は、ドルフィントレーナーに適性があるといえます。

またショーの盛り上げ役という観点から、演技力がある人も適性があるといえるでしょう。

スキルの観点では、イルカの生態に対する理解、潜水スキルがあることが重要となります。

ドルフィントレーナーに適性のある人物像

ドルフィントレーナーに適性がある人の特徴をそれぞれ紹介していきます。

忍耐強く、体力がある

イルカの調教は、ドルフィントレーナーのメイン業務のひとつです。イルカが技を体得するまでには、ある程度の時間を要するでしょう。

そのため忍耐強いことは、ドルフィントレーナーとして働くうえでの強みとなり得ます。

またドルフィントレーナーは、イルカの調教のみならず、水槽掃除やエサやりもおこなうため体力も必要です。

このほか水中ショーに携わるためには、視力の良さも重要となります。

視力に関しては、応募時に規定されている場合もあるので、目は特に大切にしましょう。

演技力がある人も適性あり

魅力的なショーを作り出すには、イルカの技だけではなく、共演者であるドルフィントレーナーの演技力も必要です。

それぞれのショーの雰囲気に合わせて演技ができることは、ドルフィントレーナーにとって大切な素養といえます。

そのため周囲の人の気持ちを上げることが得意な人は、ドルフィントレーナーに適性ありといえるでしょう。

ドルフィントレーナーに必要なスキル

ドルフィントレーナーに必要なスキルを大きく2つにわけて解説します。

イルカの生態への理解は必須

ドルフィントレーナーにとって、イルカは欠かすことのできないパートナーです。

ショーをおこなうことも、調教も、イルカとの二人三脚となります。そのためイルカの生態を深く理解することが重要です。

イルカは同じ動きが続くと飽きてしまう性質を持っています。

そのため調教の際には、イルカのモチベーションを上手にコントロールするスキルが必要です。

またショーの途中で飽きることがないように、イルカの気力を維持することも求められます。

潜水のスキル

イルカショーに使用される水槽は、水深5m~12mほどの設計となっています。

そのため水槽の深さに対応できるだけの潜水スキルは、ドルフィントレーナーの必須項目です。

ドルフィントレーナーの仕事には、水槽の掃除も含まれているため、潜水での作業には慣れておきましょう。

いかがでしたでしょうか。動物のなかでも特にイルカが好きで、人を楽しませることが得意ならば、ドルフィントレーナーの素質ありといえるでしょう。