ドルフィントレーナーになる!学校で勉強することとは?

この記事はこんな人向け!
・ドルフィントレーナーに興味がある人
・ドルフィントレーナーの学校での勉強内容を知りたい人
・ドルフィントレーナーに必要なスキルを知りたい人

ドルフィントレーナーは、大学・専門学校のどちらからも目指せる職種です。大学の場合は、海洋学系の学部を選択することになるでしょう。

学部によっては、ドルフィントレーナーとしてのスキル向上に役立つ、学芸員の資格取得が可能です。

専門学校では、充実した実習や就職対策が期待できます。

またダイビングライセンスや潜水士資格などの資格取得にも力を入れている点が特長です。

ドルフィントレーナーを目指せる学校・学科とは?

ドルフィントレーナーになるために必要な学びは何かを、大学・専門学校それぞれの特色を踏まえて解説していきます。

大学で学ぶ場合は海洋学系を専攻するべし

大学に進学してドルフィントレーナーを目指す場合は、海洋学系の学部を選びましょう。海洋学のほか動物看護学や生物学も、ドルフィントレーナーに必要な学問といえます。

大学でドルフィントレーナーを目指す利点は、必要な知識に加え、それに付随することも学べる点です。海洋生物の生態調査などがその一例といえます。また幅広い学習内容のなかから、特に関心のある分野を研究できる点も利点といえるでしょう。

専攻する学部によっては、必要な科目を履修することで学芸員の資格が取れる場合があります。学芸員の資格は、生態観察の力を身につけるために役立つ資格です。カリキュラムを確認し、ぜひ資格取得を試みましょう。

専門学校は実習や就職対策が充実

ドルフィントレーナーの専門学校は2年制が主流といえます。

短期間でドルフィントレーナーに必要な知識と技術を学べる点が、大学との大きな違いです。また実習や就職対策が充実している点も、専門学校の特長でしょう。

専門学校の学科授業では、イルカの行動学や海洋哺乳類の生態について学びます。実習では、エサやりやトレーニングなど、実際にイルカとふれあえる機会が設けられています。

インターンシップでプロの仕事を間近で見られる専門学校もあるので、カリキュラムをよく確認しましょう。

専門学校では、ドルフィントレーナーの実務に必要な資格取得にも力を入れています。実習内でのダイビングライセンス取得や、潜水士の資格試験対策がその一例です。

就職対策に関しては、入学初年度から就職指導をおこなっている専門学校が多くあります。

専門学校内での就職サポート体制が充実しているので、細かな悩みも相談しやすいでしょう。

就職先の傾向をつかむために、各専門学校の就職実績をホームページなどで調べることをおすすめします。

いかがでしたでしょうか。それぞれの特色をよく理解し、大学・専門学校のどちらでドルフィントレーナーを目指すか選択しましょう。