ドルフィントレーナーを養成する専門学校と学費について

この記事はこんな人向け!
・ドルフィントレーナーに興味がある人
・ドルフィントレーナーになるための専門学校を知りたい人
・水族館に就職したい人

ドルフィントレーナーを養成する専門学校では実践で役立つ様々な経験をしたり知識を学んでいくことが出来ます。

そんなドルフィントレーナーを養成する専門学校と学費、そして利用できる制度をご紹介していきます。

今後、専門学校を考えている方は参考にしていただけると嬉しいです。

ドルフィントレーナーを養成する専門学校と学費について

ドルフィントレーナーを養成する専門学校と学費について説明するとともに、利用できる制度をご紹介していきます。

ドルフィントレーナーを養成する専門学校

ドルフィントレーナーを養成する専門学校では、ドルフィントレーナーになるために重要なダイビングの練習、ドルフィントレーナー練習、更には水族館演習なども経験することができ、プロとしての技術や知識、心構えを学んでいくことが出来ます。

現在、イルカのいる水族館は全国に約30か所しかなく、求人情報は欠員補充がほとんどで、なおかつ応募者も殺到するので就職するには狭き門となってしまいます。

就職サポートが設けられている専門学校では、水族館などの施設の人事担当者が来校するケースもあります。

そういった際に、直接企業情報を伝えてくれた後すぐに面接をしてもらえる合同説明会や、インターンシップとして全国の施設で職業体験を行うことが出来るなど就職先が決定するまで徹底的にサポートをしてくれます。

ドルフィントレーナーを養成する専門学校の学費

ドルフィントレーナーを養成する専門学校は2年制を設けているところが多いです。

年間で発生する費用の平均は110万~150万ほどになり2年間総額で考えると多くても300万ほどになります。

学費納入分割、奨学金について

学校によっては、教育ローンを組むのが難しかったり、奨学金を学費に充てたいと思っている家庭の事情に合わせて学費を分割で納入できる制度があります。

体験入学時や申し込み前に分割納入について担当者に相談し、納入プランの計画、納入時期を決定したうえで分割納入することができます。

奨学金については日本学生支援機構奨学金を利用し、毎月決められた金額の貸与を受けることが出来ます。

奨学金の種類は第一種(無利子)、第二種(有利子)があり、条件と併せてそれぞれ金額も異なりますので気になったら問い合わせてみると良いでしょう。

その他、国から借りれる教育ローンや、学校側が提携している金融機関からかりることのできるローンもあたり、学校によって様々な支援制度が設けられていることがありますので入学前に問い合わせてみると良いかもしれないですね。

いかがでしたか?

ドルフィントレーナーを養成する専門学校では、実習を元に知識を身に着け就職に有利になるたくさんのサポート制度があります。

しかし、学費で行き詰ってしまったり悩んでしまうこともあるかと思うのですが、様々なサポート制度がありますので諦めてしまう前にぜひ検討してみてはいかがでしょうか?