ドルフィントレーナーの転職率・離職率は高い!その理由とは?

この記事はこんな人向け!
・ドルフィントレーナーに興味がある人
・ドルフィントレーナーの転職率・離職率を知りたい人
・水族館に就職したい人

一見ドルフィントレーナーという仕事は楽しそうで華やかと、憧れを抱いている方もたくさんいらっしゃいますが、実は、ドルフィントレーナーの転職・離職率が高いという事をご存知でしょうか?

ドルフィントレーナーは、実際に働いてみると、とても大変なお仕事なのです。イルカショーで見る楽しそうな姿の裏には、たくさんの努力と苦労があり、簡単にこなせるお仕事ではありません。

では、様々な理由で辞めていくドルフィントレーナーの方は具体的にどのような理由で転職・離職をしているのでしょうか?今回は、ドルフィントレーナーの転職・離職率についてお話いたします。

ドルフィントレーナーの仕事内容について、まだ見ていない方はこちらも合わせてご覧ください。

ドルフィントレーナーの転職・離職率が高い理由は?

ドルフィントレーナーの転職・離職率が高いのには、いくつか理由があります。ドルフィントレーナーを辞めたいと思っている方で、多かった転職・離職の理由が、

  • 給料が安い
  • プライベートな時間が減った(休日が取りにくい)
  • 残業が多い(多すぎる)
  • つらい

という事です。ドルフィントレーナーのお仕事は体力はもちろん、話す事のできない動物をお世話するお仕事なので、精神的につらいと感じてしまう方も多いようです。

ドルフィントレーナーの転職・離職率が高い理由は人間関係も

さらに、その他にも以下のような理由があげられていました。

  • 人間関係がとても悪い(いじめがある)
  • パワハラ・セクハラを受けた
  • 上司と合わない(きらい)
  • なかなか成長出来ない/評価されない
  • 責任が重すぎてつらい
  • 常に人手不足

など…。

ただ、イルカが好きだからというだけでは、続かない職業だという事が、転職・離職の理由を見ていて分かりますね

ドルフィントレーナーのつらい事や苦労したことをまとめ内容はこちらにありますので、合わせてお読みください。

ドルフィントレーナーのつらい事や苦労したこと

ドルフィントレーナーのつらい事や苦労したことのエピソード

2021年2月26日

ドルフィントレーナーを続けていく解決策は?

嫌なことがあって、転職・離職を考えているけど、イルカと離れるのは嫌、好きな仕事だから出来れば解決策を見つけて、なんとか続けていきたいと考えている方もいらっしゃるかと思います。

とにかく「我慢」をする

ドルフィントレーナーを続けていく解決策は、とにかく「我慢」です。特に仕事内容の大変さやお給料の問題を解決する事は、あなた1人の力ではどうにもなりません。

どうしても続けていきたいと考えている方は、イルカと成長する事の喜びとやりがいを糧に、我慢して続けていくことが一番の解決策だと言えるでしょう。

転職・離職も視野にいれておこう

実際に我慢し続けて毎日「つらい・ストレスだ」と感じながら続けていくのは難しく、我慢し続けた結果うつ病になってしまったなど、今後の生活に支障をきたしてしまう事もあります。

ドルフィントレーナーの仕事を続けていくか、転職・離職を考えるかはあなた次第ですが、自身の今後を考えて慎重に考えることが大切です。

まとめ

いかがでしたか?

ドルフィントレーナーは、転職・離職率が高い傾向のある職業です。

ただ、イルカが好きだけではなく、重労働に耐えられる体力や根気強い心の持ち主が生き残ることのできる、少し難しい職業なので、今からドルフィントレーナーを目指している方は、体力や精神的な面も鍛えておく必要があります。