ドルフィントレーナーのつらい事や苦労したことのエピソード

この記事はこんな人向け!
・ドルフィントレーナーに興味がある人
・ドルフィントレーナーのつらいことや苦労を知りたい人
・水族館に就職したい人

ドルフィントレーナーとして働きたいと思っている方の中には、ドルフィントレーナーになってつらい事や苦労したことのエピソードが知りたい!という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ドルフィントレーナーは専門的なお仕事で、生き物を扱うお仕事という事もあり、他の仕事に比べるとつらい事や苦労する事がたくさんあります。

今回は、ドルフィントレーナーになってつらい事や苦労したことのエピソードをご紹介いたします。

ドルフィントレーナーになってつらいと感じた事

ドルフィントレーナーになってつらいと感じた事の中でも多く見られたエピソードは以下の4つでした。

  • 肉体労働が中心になる事
  • 言葉が通じない
  • 地道な作業が多い
  • お給料が安い

肉体労働が中心になる事

ドルフィントレーナーで一番つらいと感じる方が多かったのは、肉体労働に関してでした。

ドルフィントレーナーは肉体労働が中心になり、体力的にもつらいと感じている方はたくさんいらっしゃいます。イルカの食事の準備はもちろん、ショーがある水族館の場合は訓練とショーで水中にいる時間が長くなります。

言葉が通じない・地道な作業が多い

言葉が通じない為、イルカの表情や行動で感情を読み取らなければいけません。こちらの言いたい事・したい事も伝える事も非常に難しいです。

トレーニングでは、イルカに伝わりやすいようにどうすればいいのかを考え、一つ一つ試していくという地道な作業も多くなるので、時には挫折してしまう方もいらっしゃるようです。

お給料が安い

施設によって待遇が違う為、全ての場合とは言えませんが、ドルフィントレーナーはほとんどの場合、1ヶ月間どれだけ頑張ってもお給料は変わりません。

やりがいはとてもあるお仕事ですが、お給料面で不満を持ち辞めてしまうという方も多いようです。

ドルフィントレーナーになって苦労した事

ドルフィントレーナーの場合、ドルフィントレーナーになってからというより、トレーナーになるまでの道のりでたくさん苦労したという方が多いようです。

泳げるようになるまでに苦労した

まず、ドルフィントレーナーになる為に必須となる【泳ぎ】ですが、ドルフィントレーナーになりたいと思っている方の中には、泳ぎが苦手という方もいらっしゃいます。

足のつかないプールに入るのは相当勇気がいる事です。十分に泳げるようになるには相当な努力と時間が必要だったという声もありました。

信頼関係を築くまでに苦労した

言葉を話せない分、表情や行動でのやり取りや普段のふれあいなどで、イルカの感情を読み取らなければいけません。

信頼関係を築くにはイルカの感情を理解する必要があります。

時には「こうして欲しいのに伝わらない」「どうしたら伝わるのか分からない!」と自信を無くしてしまう人もいるようです。

まとめ

いかがでしたか?

プロと言われているドルフィントレーナーは、このように様々なつらい事や苦労を乗り越えて今があります。時には挫折してしまいそうになる事もあるでしょう。

「自分が思っていたドルフィントレーナーの仕事はこんな感じなんだ…。」とがっかりしてしまう前に、つらい事や苦労したことを参考に自分の進むべき道を選択しましょう!