動物看護師は国家資格になる?受験資格や業務内容を解説

この記事はこんな人向け!
・動物看護師になりたい人
・動物看護師の国家資格について知りたい人
・動物の命を救うお仕事に関わりたい人

今までは資格がなくても「動物看護師」という肩書きで働くことができました。

しかし、2022年10月以降、動物看護師という肩書きで働くには「愛玩動物看護師」という国家資格が必要になります。

この国家資格はいつから取得することができるのかや受験資格、業務内容について紹介していきます。

動物看護師は「愛玩動物看護師」という国家資格になる

「動物看護師は無資格でなれたのに、なぜ国家資格が必要になってしまうのだろう?」と疑問に思う方もいらっしゃると思います。

確かに今までは「動物たちを助けてあげたい!」という気持ちさえあれば誰でも動物看護師として活躍することができていました。

しかし、動物看護師は気持ちだけでは務まらない仕事であることも事実です。

そこで国家資格にすることで動物看護師の知識や技術を向上させ、結果的に動物への医療の向上につなげていこうというのです。

つまり、これから動物看護師になりたいと考えている方はより高い動物看護の知識や技術を身につけることが必要になってくるのです。

国家資格になるのはいつから?

2022年5月から動物看護師は国家資格化されると言われています。

試験の日程や具体的なスケジュールはまだ未定な部分が多いので、随時確認してみるのがおすめです。

愛玩動物看護師になる方法や進路

愛玩動物看護師になる方法は国家資格をとることですが、誰もが国家試験を受験できるわけではありません。

・必要な科目を修了し、大学を卒業できていること。

・動物看護などの専門学校に3年以上在籍して、技術や知識を身につけていること。

2022年5月以降からはこれらの条件を満たしている必要があります。

動物看護師を目指しているみなさんは早めに進路などを考えておく必要が出てきそうですね。

愛玩動物看護師になることのメリットとは?

国家資格を取り、晴れて愛玩動物看護師になるとできるようになることが増えます。

今までの動物看護師は処置が安全にできるように動物の保定を行ったり、入院している動物たちのお世話がメインでした。

しかし、愛玩動物看護師として国家資格を持つようになると今までの業務に加えて以下のような医療行為が可能になります。

・採血

・マイクロチップの埋め込み

・投薬

・採尿

最近はペットとして犬や猫を迎える人が増えています。

マイクロチップはペットが迷子になってしまった時などに発見しやすくなるなどの理由で装着する人やペットショップが増えています。

このマイクロチップを動物看護師が埋め込めるようになれば獣医師の負担が減り、医療現場の業務がスムーズに行われていくのではないかと期待されています。

いかがでしたでしょうか?

動物医療の進歩や飼育環境の改善により、愛玩動物の寿命は年々延びてきています。

これに伴い、より一層動物医療の技術向上が必要になります。

動物看護師を国家資格化することは動物医療の向上の第一歩になるのではないかと考えられます。

その一方で、愛玩動物看護師はペットなどにしか医療行為を行えません。

つまり、畜産動物などには適応されない資格であることがこれからの課題でもあります。

世の中に存在する動物たちの命を少しでも多く救うためにはまだまだ動物看護の法律の見直しや動物看護師の技術の向上が欠かせないのです。