動物看護師のやりがいを見つける重要性

この記事はこんな人向け!
・動物看護師になりたい人
・動物看護師のやりがいについて知りたい人
・動物の命を救うお仕事に関わりたい人

将来、動物看護師になりたいけど動物看護師という仕事のやりがいって一体何なのかわからない。

実際に働いている人たちはどのような思いで働いているのだろうと疑問に思うことがあると思います。

そんなやりがいについてまとめてみました。

動物看護師のやりがいとは?

動物看護師とは獣医さんが処置をしやすいようにサポートを行ったり、入院している動物たちのケア、時にはペットホテルに宿泊している動物たちのお散歩を行うこともあります。

そんな動物看護師として働く人たちは何をやりがいとしているのか、主な理由を紹介していこうと思います。

動物たちの命を救う手伝いができる

動物看護師という仕事は動物の命を救う手伝いをすることができるのです。

言い換えれば、動物看護師だからこそできる命を救う手伝いなのです。

獣医師のように直接的に治療をして命を救うことはできませんが、多くの動物看護師は「動物たちを救ってあげたい」という気持ちで働いています。

たくさん感謝される

ペットの体調がすぐれなくて不安な飼い主さんとも上手にコミニュケーションを取る必要があります。

少しでも不安を和らげてあげるような声かけをしたり、ちょっとした気配りで飼い主さんから感謝されることが多くあります。

大変なこともありますが、感謝されることで頑張ってよかったと思うことができます。

辛いことや苦しいこともある

今までの話を読んで動物看護師ってとても楽しそうと思うかもしれません。

しかし、動物看護師は救うことのできなかった命を看取ったり、ペットを失って悲しみに暮れている飼い主さんを目の当たりにする仕事でもあります。

入院してずっと面倒を見てきた動物たちが亡くなっていくのはとても辛いです。

しかし、こういった現実を受け止め、いかに飼い主さんの心に寄り添っていけるかというのも動物看護師の仕事なのです。

辛いことかもしれませんがこれもやりがいです。

やりがいは人によって異なってくるものです。

しかし、動物たちを救いたいという気持ちは皆同じかと思います。

動物看護師という仕事は体力的にも精神的にも大きな労力を必要とする仕事です。

もちろん、日々勉強して知識を蓄える必要もあります。

やりがいを見つけずに淡々と業務をこなしているだけでは動物看護師は務まりません。

ぜひ、動物看護師になることを目指している方は以下のようなことを考えてみると良いと思います。

・動物看護師になったらどうしたいのか

・どんな動物看護師になりたいのか

・辛いこと苦しいことがあっても前向きに頑張れそうか

こういったことを考えておくだけでも、働く上での目標ややりがいが見つかりやすくなると思います。