動物飼育員になるために勉強しなければならないこと

この記事はこんな人向け!
・動物飼育員に興味がある人
・動物飼育員になるための勉強が何か知りたい人
・動物以外にどんな勉強をするか知りたい人

動物飼育員の仕事に向けて、動物関係だけでなく、いろんな分野のことを勉強し、知識を得ていかなければいけません。

動物飼育員に限らず、どの職種でも勉強は重要なことですよね。

実際に、動物飼育員になるため勉強しておくことは、どういった内容なのか?

もちろん動物をメインに学んでいきますが、動物関係以外のことも勉強し学んでいくことになります。

今回は、動物飼育員になるために勉強しなければならないことをご紹介していきたいと思います。

動物に関しての知識

生態について

動物飼育員になると、草食動物や肉食動物など、さまざまな種類の動物たちに携わることになります。

動物園にいる動物たちの生態を把握し、知識を得ることはとても大切なことです。

世界の中のどこに生息し、野性下ではどのように生活しているのか?実際に動物園で飼育するためには、こういった生態をしっかり知っておかなければいけません。

飼育方法について

動物飼育員として基本として学ぶのが、動物の飼育方法になります。

飼育方法についての勉強は、実際に学校で動物を飼いながら実習がてら勉強することもあります。

専門学校などでは、エキゾチックアニマルである小動物を中心に、飼育しているところが多いです。

実際、動物に触りながら勉強することは、とても良い経験であり将来役に立ちますよ。

動物園には大型動物、ライオンなどの肉食動物がいますよね。さすがに学校では飼育できないですから、映像などを見ながら学んでいきます。

病気について

動物もときには病気になることもあります。

自分では体調悪いと、訴えられない動物の体調の変化を、いちはやく気づいてあげなければいけません。

それぞれの動物がなりやすい病気、症状や対処方法をしっかりと、頭に入れておくことが大切になります。

とくに動物は、野生でなくても自分の弱いところを見せないので、小さな変化に気づく目を養うことも重要となるのです。

接客に関しての知識

お客さんに対してコミュニケーションのとりかた

動物園やサファリパーク、観光牧場などですとお客さんがたくさん来ます。

飼育員だけでとしてではなく、接客業という職種にも入ります。

動物の飼育、お世話だけでなく、こういったお客さんとのコミュニケーションも大切な仕事のひとつになります。

だからこそ、現地の接客方法や、丁寧な接客についても学ぶ必要があるのです。

お客さんに、嫌な思いをさせないように、お客さんを迎えるにあたって、適切な対応されている動物園はたくさんあります。

あいさつの練習

接客において大切なことは、明るく、お客さんが聞いて気持ち良くなるくらいの、声の音量とトーンにすることです。

大きな声がでるよう、あいさつをメインにした声出し練習も大切になります。

それでも恥ずかしくてなかなか声が出ない人、声が小さい人も少なくありません。まずは、他人とのコミュニケーション、関わりがうまくなれるよう、普段から自分以外のいろいろな人にあいさつをすることで、他人とのかかわりもスムーズになってくると思います。

ここまで、動物飼育員が勉強しなければいけないことをご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

動物飼育員は、動物だけでなく、接客に関しての勉強も重要になります。