動物飼育員の女性としての働きやすさは?

動物飼育員といったら、大型の動物を相手にしたり重いものを運んだりとかなりの体力勝負となります。

体力のある男性が多いイメージですが、女性もしっかり活躍されています。

男性にはない女性としての、目配りや、気の遣い方が動物飼育員としての魅力のひとつとなるのです。

動物飼育員として、女性も働くことが充分可能であります。今回は女性としての働きやすさの魅力をご紹介していきます。

女性が動物飼育員として働きやすい理由

接客や受付は女性が行う

動物飼育員として働くにあたって、動物の飼育だけが仕事ではありません。

動物園に来園される方の接客も仕事のひとつになります。

チケット売り場の受付や、案内役、ガイド役などは、男性よりも女性の方が向いていると言われています。

こういった形で、女性として活躍することもあるのです。

男性に体力はあっても女性の方が細かい視点が効く

男性の方がどうしても体力がありますので、力仕事となると男性の力が必要になります。

それでも、男性には気づけないことを女性だったら気がつくことが多くあります。

特に掃除に関しては、女性の方が細かい部分も丁寧に掃除する傾向にあります。

動物園の装飾や宣伝広告などの作成も女性に任せることが多いです。

結婚や出産を機会に仕事を辞める必要はない

待遇がしっかりしている

女性ですと結婚や出産をすると仕事を辞めてしまう方もなかにはいます。辞める理由としては、職場の待遇が悪いという意見もあります。

動物飼育員でも、産休、育休制度などの福利厚生が充実しているところもあります。

結婚や出産をしたあとでも仕事ができるようになっているので、辞める必要はありません。

こういった点でも、女性が働きやすいかと思います。

正社員からパートになる方法もある

出産後すぐはまだ小さな子供ですので、なかなか仕事と家庭の両立が難しいこともあるかもしれません。

そうゆうときは、フルタイムで正社員として働くのは難しいので、パートとして働くこともありです。

時短にしたり、休みを増やすことで、家庭と仕事の両立が可能になるのです。

動物飼育員として女性の働きやすさを紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

女性特有の能力を発揮することで、職場での活躍が期待されるでしょう。