動物飼育員として何歳まで働ける?

動物飼育員は体力勝負ともいわれるくらい、身体に負担がかかる職業でもあります。

動物相手に、ときにはケガをすることもあり、身体をはっての仕事にもなるのです。

動物飼育員として、年齢が高齢になるにつれ体力的に続けていくことは難しくなってく流のではないかと考える方も多いでしょう。

そこで今回は、動物飼育員は何歳まで働けるかを紹介していきたいと思います。

動物飼育員はどの年代の方が多いのか?

若い人から、ご年配の方までと幅広い

動物飼育員の年代は、学生あがりの20代から60.70代までと幅広い年齢層の方々がいます。

動物飼育員としては、年齢制限はとくになく、年配だからもう働けないというわけではありません。

逆に若い人が少ないという問題もなく、逆に人気の職業なので若い人たちが入社されることが多いとされています。

一番多い年齢層は?

さきほど動物飼育員の年齢は幅広くいるとご紹介いたしましたが、実際にはどの年代が一番多いのでしょうか?

やはり一番の働き盛りでもあり、ある程度同じ職場で働いていく意思が強くある、30.40代が一番多いようです。

経験もあり知識もしっかりあるので、後輩の指導なども任せられることもあります。

動物飼育員として何歳まで働けるのか?

定年は65歳と一般的

動物飼育員の定年は、ほかの職業と同じように65歳となっております。

体力勝負の動物飼育員だからといって、定年の年齢が早いというわけではないようです。

とくに牧場などですと、自営業としてやられている方も多いので、ご自分の身体が動くまでは働くという方も多いですよね。ただ後継者がなかなか見つからないので、仕方なく働いている方もなかにはいらっしゃいます。

一般的な動物園などでは、65歳まででも充分働けるような環境がしっかり整っています。

65歳以上でも働けるときがある

動物飼育員は、豊富な知識と経験がとても大切になります。65歳以上の方ですと、そういった条件が整っており、若い人に持っている知識を、引き継いでいくことも大切な仕事となります。

他にも、体力的に厳しい仕事は避け、事務系の仕事や軽作業などを任せられることもあります。

駐車場の誘導係や、接客も大切な仕事になりますよね。

サファリパークなどですと、サファリバスの運転手として活躍されている年配の方もみられます。

動物飼育員として、何歳まで働けるかご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?このように年齢関係なく、動物飼育員として働き続けることが可能になります。仕事内容が動物の飼育だけではないということも分かりますね。