動物飼育員に必要な練習・道具は?

この記事はこんな人向け!
・動物飼育員に興味がある人
・動物飼育員に必要な道具などを知りたい人
・仕事を先取りして学びたい知りたい人

動物飼育員になるために普段からやっておきたいこととはなんでしょうか?

スポーツであれば、その種目の練習をしていればよいですが、動物飼育員に必要な練習はなにか気になりますよね。

把握しておければ、将来動物飼育員になったときに役に立つことでしょう。

また必要な道具も知っておけば、前もって準備することができます。

今回は動物飼育員に必要な練習、道具についてご紹介していきます。

動物飼育員になるために普段からしておくべきこと

動物飼育員になるための練習というよりは、普段からしておくことで役に立つことを紹介していきましょう。

なるべく多くの種類の動物と接する

動物に関していいますと、なるべく多くの種類の動物たちと接することです。

もちろん、学校や、実習先などでも動物と触れ合うことも多いかと思いますが、自分でいろんな動物園やサファリパークに行って動物と触れ合ったり、見ることも大切です。

肉食獣などはさすがに、触れ合うことはできないので、どんな展示をしていて、どんなものを食べているのか?自ら考えてみるのも良い勉強になります。

動物園やサファリパーク、それぞれ飼育方法も違ってきますよ。

とにかくいろんな知識を得ることが大切になりますので、学校以外でも、自ら行動すると良いでしょう。

体力づくりをする

動物飼育員は体力勝負になり、餌の運搬や、動物を抱えたりなど…ある程度の力も必要になります。

力仕事になりますので、普段から体力をつけると良いでしょう。

電車を使わず、ある程度の距離は歩くことや、階段を使ったり、普段の通学でも工夫すれば体力がつきます。

またウォーキングや、ランニング、筋トレなども良い体力づくりになるでしょう。

余裕があれば、ジムに通うのも良いかもしれませんね。

動物飼育員になるまでに、しっかりと力をつけて、身体を丈夫にしておくとよいですよ。

動物飼育員に必要なもの

教科書や図鑑など…

学校で使っていた教材は捨てずに、しっかりと保管しておきましょう。

動物飼育員になったときに必ず役に立ちます。

分からないことがあったり、気になることがあれば調べることができますので、すぐに答えが見つかりますよ。

動物の図鑑なども、いろんな動物が掲載しているので便利です。

学校の教材は、一般的に販売されていないものなので、とても貴重なものになります。

丈夫な服や、動きやすい靴

動物飼育員になると就職先の作業着は基本ありますが、汚れても良い、動きやすい、丈夫な服も用意しておきましょう。

とくに雨が降ったときはカッパや長靴、濡れても良い服など…作業着を中心に用意しておくと良いです。

また、靴は歩いたり走りやすく、丈夫な素材の靴を用意します。

動物飼育員は、身体をよく動かし、汚れやすい仕事にもなります。

それに対応したものを準備しておきましょう。

以上が動物飼育員になるための練習、用意しておくものになります。

練習というよりは、普段からやっておくことで将来役に立つことと、考えていただければよいです。