家畜人工授精師の初任給はいくらもらえる?

この記事はこんな人向け!
・家畜人工授精師に興味がある人
・家畜人工授精師の初任給について知りたい人
・畜産分野に携わりたい人

・家畜人工授精師として農業を盛り上げたいけど、そもそも初任給って十分もらえるのかな?

・家畜人工授精師として働くってことは立地的に1人暮らしをする可能性が高いけど、1人暮らしの生活レベルってどのレベルなんだろう?

家畜人工授精師という交配をサポートするお仕事は資格も必要なため、少々目指すのにハードルがあるように感じるかたもいらっしゃることでしょうですが、なった後はどんな生活になるのか調べてみたことはありますか?

この記事では、家畜人工授精師デビューした際にどれくらい初任給をもらえるのかについて解説していきます。

家畜人工授精師ってどんな働き方になる?

家畜人工授精師という職業は酪農業界が大好き!家畜に携わる仕事がしたい!という方でなければなかなか辿り着きにくい職業かもしれません。

初任給について触れる前に、どんな働き方になるのかをご紹介します。

家畜人工授精師の仕事内容

家畜人工授精師は安定的に優良な遺伝子が残って行くように家畜の交配を助けるお仕事です。

生命に関わるお仕事のため、働き出す前に資格を取得する必要がありますが、やりがいがある、という声が現役の方から寄せられています。

優秀なオスの遺伝子を健康なメスの子宮内に移植し、無事出産までサポートすることが大きなお仕事です。

どこで働くの?

家畜人工授精師は、家畜がいてくれないとお仕事になりません。

そのため、人がたくさんいて、いつでも欲しい物がすぐ買いに行ける商業施設が溢れている場所では働けません。

多くが牧場地へ訪問することになるため、自然豊かな場所で働くこととなります。

訪問する場所ごとに距離があるため、車も運転できることが求められます。

家畜人工授精師の初任給について

では本題の初任給について触れていきます。

初任給はいくらもらえるの?

家畜人工授精師の初任給は働くエリアによっても差はありますが、平均して20万円~22万円という所が多いようです。

手取りでは18万円~20万円ということになりますね。

また、傾向として田舎になればなるほど、担い手が少なくなるので給料は上がっていくようです。

どんな生活レベルを送る事になるの?

1人暮らしをしたことがない方であれば、手取り18万円~20万円だとどんな生活レベルになるのか想像しにくい事もありますね。

家畜人工授精師の初任給は、1人暮らしで贅沢をしなければ十分不自由なく暮らしていける水準だと言えるでしょう。

都会で働く場合はものの物価が高い・家賃が高い、という事がありますが、住む事になるエリアは自然豊かな所の可能性が高く、そもそもの物価も安い・家賃も安い可能性が高いのです。

まとめ

資格が必要な分、いざ家畜人工授精師として働き出したら一定の水準の初任給が手に入る職業です。

その上で、働くエリア・責任など、自分がどこまで許容できるのか考え、職業選択していきましょう。