家畜人工授精師とは?必要性やなる方法も解説

この記事はこんな人向け!
・家畜人工授精師に興味がある人
・家畜人工授精師になる方法を知りたい人
・家畜人工授精師がどのように世の中で活躍するか知りたい人

家畜人工授精師は、家畜の人工授精や受精卵移植をおこなう、繁殖の専門職です。活躍の場としては、牧場や家畜診療所、農協などがあげられます。家畜の飼育数や生乳の生産量を人工的に調整するためには、家畜人工授精師の存在が欠かせません。

家畜人工授精師になるためには、獣医師の資格か家畜人工授精師の資格が必要となります。繁殖の観点から畜産業を支えたい方は、家畜人工授精師を目指してみるとよいでしょう。

家畜人工授精師とは

家畜人工授精師がどのような職業か、必要性や家畜人工授精師になる方法とあわせて順番に解説していきます。

家畜人工授精師とはどんな職業?

家畜人工授精師とは、牛や豚、馬といった家畜の人工授精や受精卵移植を取り扱う職業です。種付技術員と呼ばれることもあります。資格の種類としては国家資格に該当し、家畜の身体的な構造に関する知識や、人工授精の技術が必須となる職業です。

家畜人工授精師の職場としては、牧場や家畜診療所のほか、農協などがあげられますが、独立して開業する人もいます。牧場スタッフとして働く場合には、繁殖関係の業務以外に、家畜の管理や搾乳作業にも携わるのが一般的です。

家畜人工授精師の必要性

家畜人工授精師の活躍の場の代表例としては、牧場があげられます。円滑に牧場を維持していくためには、家畜の飼育数や生乳の生産量を人工的に調整することがとても重要です。

家畜の人工授精や受精卵の移植は、獣医師や家畜人工授精師の有資格者がおこないます。資格保有者がいない牧場は、外部から派遣された獣医師や家畜人工授精師に対処を依頼する場合があります。

そのため家畜人工授精師の資格を保有していると、勤務先の牧場で重宝されるでしょう。

家畜人工授精師は、家畜の供給を安定させるために必要な存在であるといえます。

家畜人工授精師になるには

家畜人工授精師になるためには、家畜人工授精師の資格取得が必須です。獣医師資格を持っている場合はこの限りではありません。家畜人工授精師の資格を取得するためには、所定の講習会を1ヶ月ほど受講したのち、修了試験に合格する必要があります。

講習会の内容は、学科と実習の2種類です。大学などで畜産学の単位を修得している場合、受講の免除対象となることがあります。講習会を受講する前に、免除対象に該当しているか確認しておくとよいでしょう。実習では、家畜の飼育管理や人工授精などをおこないます。

いかがでしたでしょうか。家畜人工授精師は、繁殖の専門知識と技術をもって畜産業を支える専門職です。安定した繁殖は安定した畜産業の経営につながります。家畜人工授精師は、畜産業において、貢献度が高くとてもやりがいのある職業であるといえるでしょう。