家畜人工授精師の需要・現状と将来性

この記事はこんな人向け!
・家畜人工授精師に興味がある人
・家畜人工授精師の今後の需要を知りたい人
・酪農に興味がある人

家畜人工授精師は、家畜の人工授精や受精卵移植を取り扱うことのできる国家資格です。

獣医師資格を持っている方であれば、業務の一環として行うことができるのですが、その他の方の場合には、都道府県が行っている講習会過程を終了した後に修了試験に合格し家畜人工授精師の資格取得をする必要があります。

家畜人工授精師の需要・現状と将来性

家畜人工授精師の需要、現状と将来性について順番に説明していきます。

家畜人工授精師の需要は?

主に出産や授精に携わっていく家畜人工授精師は、家畜の受胎率が経営に大きな影響を及ぼす畜産業界では欠かすことのできない仕事です。

しかし、農場の経営者で家畜の人工授精を取り扱うことのできる人は意外と少なく、獣医師さんや家畜人工授精師の資格を持っている人に依頼をして対応してもらうことがほとんどです。

そのため、家畜人工授精師の資格を持っている人が身近にいてくれると急な事態が起こったときにもすぐに対応してもらうことができるので、就職先として牧場などを検討する際にもとても重宝されます。

求人情報の中には牧場が多いのですが、実際に家畜人工授精師として働ける企業は多岐に渡り、家畜保健衛生所、市町村役所や農協、動物病院や家畜診療所などもあります。

家畜人工授精師の現状は?

古くからのイメージでは、家畜人工授精師というと男性が多いようなこともあったのですが、今では女性も多数活躍されています。

今までは資格取得をしてから仕事を探し始めることが多かったのかもしれませんが、現在では家畜人工授精師を求めている会社や農場によっては在職中に資格取得ができる場合もあるので未経験からでも、より始めやすい環境になったのかもしれないですね。

家畜人工授精師が関ることには、動物のことを良く知ることから食肉や乳製品の安全性、更には農家の経営に関することまで幅広くあります。

これからの畜産業界で、農家と二人三脚になり日本人に期待される国産肉、乳製品などへの要求に応え続けることが求められています。

家畜人工授精師の将来性は?

現在、専業で行っている家畜人工授精師はあまりいないと言われていますが、それに比例するように農場からの家畜人工授精師を求める求人は数多く出されています。

特に酪農地や養鶏場にとっては、家畜人工授精師の存在はとても重要で依頼した家畜人工授精師によって今後の運営が左右されると言っても過言ではありません。

更に経験を積むことにより独立して開業することも可能で、今後の活躍についても大いに期待されています。

いかがでしたでしょうか?

家畜人工授精師は農場の経営を支えながら重要な場面での役割を担い、将来性も充分にある仕事だと言えます。

働きながら資格取得をすることも可能なのでぜひ検討してみてください!