家畜人工授精師の女性としてのキャリアパス

この記事はこんな人向け!
・家畜人工授精師に興味がある人
・家畜人工授精師の女性としてのキャリアパスについて知りたい人
・畜産分野に携わりたい人

・家畜人工授精師として働いてみたいけど、バリバリ働く道しかないんじゃないかな?

・家畜人工授精師としていつまでも第一線で働き続けたい一方で、家庭もいつかは持ちたいな…。

家畜人工授精師という職業は家畜の交配をサポートするという非常に重要なお仕事です。

それゆえに、なってからも仕事第一でバリバリ働く道しかないのでは?と思う方もいらっしゃいます。

この記事では、家畜人工授精師として働く道を選択した女性が、どのようなキャリアパスを歩んでいくことになるのか、選択肢についてご紹介していきます。

家畜人工授精師の雇用形態について

世の中の雇用形態には様々あり、どういった雇用形態で働くかによっても1日の生活リズムや家と仕事のバランスが大きく変わります。

まずは家畜人工授精師として働くにはどんな雇用形態があるのかを紹介します。

正社員で働く選択肢

家畜人工授精師は家畜(牛・馬・羊・豚など)の優れた遺伝子を効率的に交配し、次の命を生み出す助けをするため、基本的にはフルタイム勤務となります。

正社員として働いた場合は、朝~夕方ごろまで当然働くことになり、責任も担うことになりますが、その分お給料も22~25万円前後受け取ることができます。

契約社員で働く選択肢

もう一つの選択肢は、契約社員として働く方法です。

契約社員として働くメリットは正社員に比べて時短勤務が可能であったり、仕事量の調整をしやすい点です。

もちろんデメリットもあり、賞与が正社員と同水準では貰えなかったり、給料が時給制である可能性がある点です。

家畜人工授精師として女性が歩むキャリア

実際に女性が家畜人工授精師という職業を選択した場合、どのようなキャリアを描いていくことになるのか、その一例をご紹介します。

結婚後、家庭を第一に優先する場合

今は独身でも、いつかは家庭を持ち、家のことを優先していきたいという考えの女性の場合は選択肢が2つあります。

1つは、正社員として働きつつ家庭内の事もこなす方法です。

しかしこれはご主人となる方に仕事のことを理解してもらい、ある程度は家のことも協力してもらう必要があります。

2つめは、契約社員として働き、仕事の負担を独身時代より軽減させる方法です。

家庭のことは絶対に自分がパーフェクトにやりきりたい‼という女性はこの方法を選ぶことになるでしょう。

どんなライフステージに行っても仕事を優先する場合

今の時代は女性が結婚してもしなくても、どちらでも幸せに生きていけると言われています。

結婚する気がない、子供を出産しても働いて稼ぎ続きたい、時短で働くという考えがない方は家畜人工授精師として第一線で働き続ける未来も描けます。

交配が上手い家畜人工授精師として農家先から人気が出る可能性もあります。

そして、後輩などに積極的に教育していき、会社で働くだけではなく、独立して自由にやっていくという方法もあり、自分次第で地位を自由に選択できます。

まとめ

今や女性が働くのは当たり前の時代になりましたが、それでも家庭を優先したい方、そうではなく自分が稼ぎたい方、それぞれいらっしゃいます。

ご自身が今そのどちらに属していきそうか、可能性を考えたうえで未来のキャリアを思い描いてくださいね。