ペットショップとブリーダーどっちが良い?2つの違いを解説

この記事はこんな人向け!
・ペットショップ店員に興味がある人
・ペットショップとブリーダーの違いについて知りたい人
・動物と触れ合う仕事を探している人

新しく子犬を家族として迎えたいと考えている人の中で悩んでしまうのが、どこから迎えたら良いのかということではないでしょうか?主にペットショップで気に入った子を見つけて迎えるか飼いたい犬種を事前に決めてからブリーダーを訪ねて子犬を迎えることが多いと思いますが、それぞれの特徴や良いお店の見分け方を紹介していこうと思います。これから子犬を探そうと思っている人はぜひ参考にしてみてくださいね。

ペットショップとブリーダーで何が違う?特徴や違いを解説

子犬を迎えるといってもどこから迎えるかによって多少の違いや特徴があります。それぞれにどのような特徴があるのかを理解し、自分に合った場所から新しい家族を迎えるようにすると良いでしょう。

ペットショップはグッズも一緒に揃えられて便利

ペットショップにはさまざまな種類の子犬がいますよね。特に飼いたい犬種が決まっていない場合にはペットショップで探すのも良いでしょう。また、新しく子犬を迎える場合には必要なものを店員さんと相談しながら揃えることができるので、犬にとってベストなものを選べます。また、フードなども販売しているものを与えていることがほとんどですから、一緒に買っておけるのが良い点ですね。

ブリーダーは飼育環境を知ることができるのが特徴

ブリーダーから新しく子犬を迎える場合には飼いたい犬種が決まっていると良いでしょう。いくつかの犬種を繁殖させているところもありますが、決まった犬種のみ繁殖しているところも多いです。子犬を迎える際の特徴としては飼育環境を見ることができたり、親犬がどんな犬なのかを知ることができるといった特徴があります。また、飼いたい犬種が決まっている場合にはたくさんの子犬の中から選ぶことができます。

ペットショップやブリーダーを選ぶ基準は知識量や動物に対する接し方

主な入手先はペットショップとブリーダーの2つになりますが、適切でない運営を行っていたり、飼育環境が良くないこともあるのが現状です。そういった場所から子犬を迎えないようにするために、店員さんやブリーダーの知識が豊富であるかや正しい接し方ができているのかを確認するようにしましょう。

いかがでしたでしょうか?

子犬を迎えるという目的は同じでも迎える場所によってそれぞれ違った特徴があるということがわかりました。どちらから子犬を迎えるにしても、信頼できる店員さんやブリーダーから迎えるようにすることが重要です。店員さんやブリーダーは犬を迎えるときだけでなく、迎えた後も色々なことを相談して良い存在なのです。また、最近では保護犬を迎えるという方法も主流になってきています。自分にはどのような犬の迎え方が合っているのかを良く考えてから新しく家族を迎えるようにしてみてください。