ペットショップでの平均の初任給ってどれくらい?ライフスタイルは?

この記事はこんな人向け!
・ペットショップ店員に興味がある人
・ペットショップ店員の初任給やライフスタイルを知りたい人
・動物と触れ合う仕事を探している人

小さい頃から動物が好きな方はペットショップが身近な動物と触れあえる場と思ったことがあるのではないでしょうか。

職業選択をする上で大切なのが「仕事内容を取る」もしくは「給料を取る」という2つの点です。

この記事では、ペットショップ店員として働くと、初任給がどれくらいなのか?どんなライフスタイルを送るのか解説します。

ペットショップで勤務した際の平均初任給っていくら?

小さいわんちゃん・ねこちゃんやカメ、フェレットなどたくさんの小動物のお世話、販売をするペットショップ店員ですが、その初任給はいくらなのでしょうか。

初任給は平均16万円~20万円

平均の初任給は16万円~20万円と、一般平均から比較するとやや低い初任給となります。

額面16万円とすると手取りは14万円程度なので、決して多いとは言えませんね。

また、就職2年目以降は住民税が加算されますので、ここから更に手取りが減る可能性もあります。

勤務スタイルは?

ペットショップの勤務スタイルは正社員の場合、基本的に平日のどこか2日間休日、それ以外は出勤という形が多く取られています。

また、ペットショップは早番・遅番という勤務体系を組み合わせながら働く事になります。

残業自体は店舗にもよりますが、業界全体として削減方向にあるため月5~10時間程度です。

これは一般企業と比較すると1/3程度なので非常に少ないと言えるでしょう。

手取り14万円~18万円の場合のライフスタイル

では、実際に手取りが14万円~18万円と言われてもどんな生活になるのかここでは解説していきます。

実家暮らしの場合

14万円の手取りで単純に実家暮らしで何も家に資金を入れなくてよくて貯金もしない場合は1日約4500円使えます。

しかし、貯金しない場合将来何かあったとき身動きできないリスクがあるので貯金することをおすすめします。

14万円の手取りで3万円貯金する場合、1日約3600円使えます。

休日に好きなものもある程度買えるようにするためには自炊するなどして節約することで上手く生活できますね。

1人暮らしの場合

では、1人で暮らした場合手取り14万円ではどんな生活になるでしょうか。

家賃4万円のマンションに暮らした場合残りは10万円ですね。

ここから光熱費、携帯費用など引いていった場合手元に残るのは8万円ほどです。

そうすると1日2600円程度使えることになります。

1人暮らしの場合、これでは好きな買い物も十分できない!ということもあるでしょう。

その場合は副業も視野に入れると上手くバランスがとれる可能性が上がりますね。

まとめ

高収入ではない分、工夫しながら生活する必要があるのがペットショップ店員です。

たまに贅沢出来るように効率よく調整する必要がありますが、上手く出来れば仕事もプライベートもバランスがとれますよ!