ペットショップのバイトがきついと言われてしまう理由とは

この記事はこんな人向け!
・ペットショップ店員に興味がある人
・ペットショップのバイトについて知りたい人
・動物と触れ合う仕事を探している人

ペットショップにはたくさんの動物がいて、動物好きな人にとっては楽園のような場所ですよね。中には動物たちに囲まれたところでバイトができたら幸せだろうなと思っている人もいるかもしれません。しかし、ペットショップのバイトはきついとも言われているのです。

ペットショップのバイトがきついと言われる理由

動物が好きな人は動物たちのお世話なども難なくこなすことができるかもしれません。しかし、ペットショップでバイトをするとなるときつくてやめてしまう人も多いのが現実です。では、なぜペットショップのバイトがきついと言われてしまうのでしょうか?その理由をいくつかまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

とにかく掃除が大変

ペットショップにはとにかくたくさんの動物がいますよね。自宅で1匹や2匹ペット飼っているのとは話が違います。たくさん動物がいればいるほど掃除などの飼育管理は大変になってきます。強烈な臭いを発していることも少なくありません。ペットショップでバイトするとなると排泄物や臭いの強烈なケージをひたすら掃除しなくてはいけません。掃除の大変さはペットショップのバイトがきついと言われる最大の理由かもしれません。

やることが多い

やることも多いです。先ほど紹介した掃除だけでもたくさんの時間を費やすことになると思います。しかし、掃除に加えてお買い物にきているお客さんの接客やレジといった業務も行わなくてはいけません。接客をしているうちに動物たちが掃除したケージの中を汚してしまっていることだってあるでしょう。このようにペットショップで働くということはとても忙しいのです。

質問に答えられるような知識を身につけなくてはいけない

みなさんはペットショップに行ってわからないことがあったら店員さんに質問しますよね。ペットショップの店員さんはペットを飼っている人にとって良き相談役である必要があります。良き相談役になるためには動物に関する知識を身につけている必要があるのです。バイトだからといって「わかりません」というわけにはいかないので、それなりに勉強する必要が出てくるかもしれません。

いかがでしたでしょうか?

ペットショップで働くということは動物たちに囲まれて楽しそうと思う人もいるかもしれませんが、とても大変な仕事であることも理解していただけたのではないでしょうか。また、犬や猫といった動物だけでなくインコやハムスター、最近では爬虫類といった動物もいますので、どんなジャンルの動物でも対応できるようになっておく必要があるかもしれません。ペットショップでバイトをしてみたいと思っている人は、楽しいことばかりではないということを覚えておきましょう。