ペットショップを独立・開業するには?

この記事はこんな人向け!
・ペットショップ店員に興味がある人
・ペットショップの独立・開業を考えている人
・動物と触れ合う仕事を探している人

ペットショップを開業するには、開業するために必要な書類提出や準備するものがいくつかあります。

開業をする条件や知っておかなければいけない法律面についてなど、事前に勉強をしておかなければいけない事はたくさんあります。

そこで今回は、ペットショップを独立・開業するために準備しておかなけばいけない事についてご紹介いたしますので、独立・開業を考えている方は参考にしてみてください!

ペットショップを独立・開業するために必要な物とは?

では、ペットショップの独立・開業に必要な物についてご紹介いたします。

ペットショップ独立・開業に必要な資格は1つ!

ペットショップを独立・開業するために必要な資格は

● 第一種動物取扱業

この資格一つで開業する事が可能です。

第一種動物取扱業を取得するためには、以下のような要件があります。

1. 動物取扱業申請をしている業種で、半年以上の実務経験がある

2. 専門学校などで1年以上学習し、卒業している

3. 定められている資格を保有している

①の要件は必ず満たしておく必要があります。②と③に関しましては、どちらか一方を満たしていればOKです。

(※第一種動物取扱業の申請は、各都道府県によって異なりますので、必ず申請前に確認しておきましょう。)

動物取扱責任者を1名以上常勤させる必要がある

ペットショップの営業では、動物取扱責任者を1店舗につき1名以上常勤させなければいけません。動物取扱責任者の資格を取得するためには以下のような要件を満たしていなければいけません。

1. 獣医師

2. 愛玩動物看護師

3. 半年以上の実務経験(または1年以上飼養に従事した経験があり、教育機関を卒業している)

4. 半年以上の実務経験(または一年以上飼養に従事した経験があり、資格を有している)

上記の1~4いずれかに該当しなければいけません。

(※動物取扱責任者の申請につきましては、各都道府県によって異なりますので、必ず申請前に確認しておきましょう。)

資格が必要ない場合も…

以下のようなペットショップを独立・開業する場合は、第一種動物取扱業の登録が必要ありません。

● ペットグッズのみの販売(生体販売は一切ない)

● 魚類/両生類/昆虫のみの扱い

ペットショップを独立・開業するための資金

ペットショップを独立・開業するために必要な資金は、500万円~1600万円を目安にしておきましょう。また、開業資金はそれぞれの状況で、金額は大きく変わります。

開業するためには、初期運転資金や広告・宣伝費、物件や備品の購入など様々な物の準備が必要になりますが、抑えられる所は抑えて、できるだけ低コストで開業できるようにすると、負担を減らす事ができます!

まとめ

いかがでしたか?

ペットショップを独立・開業したい!という方は、特にペット関連の資格は必要となりません。しかし、第一種動物取扱業の取得や動物取扱責任者を常勤させるという条件はありますので、開業を目指している方は、各都道府県の保健所などで、必要要件などを必ず確認しておきましょう!