ペットショップのお仕事とは?その内容をご紹介!

この記事はこんな人向け!
・ペットショップ店員に興味がある人
・ペットショップの仕事内容を知りたい人
・ペットショップ店員の休日を知りたい人

人とペットの出会いの場でもあるペットショップ。

そんなペットショップで働いてみたいと1度は思ったことがあるのではないでしょうか。

そこで今回は、ペットショップ店員の仕事内容をご紹介します。

ペットショップでの仕事内容とは?

雇用形態によって仕事の内容が変わる場合もありますが、店員さんが主に行う業務をご紹介します。

レジ、接客

来店されたお客さんの接客業務です。

商品購入時のレジだけではなく、購入を検討されている動物について、お客さんの不安や疑問を解消します。

その際、飼育方法や理想的な飼育環境、飼育時の注意点など、具体的なアドバイスができると良いですね。

生体管理

ペットショップ内にいる動物の管理です。ペットショップの仕事と聞いて、最初に思い浮かべるのが生体管理ではないでしょうか。

犬や猫だけでなく鳥やウサギ、魚など担当になった動物のお世話を行います。

具体的には食事、手入れ、飼育スペースの清掃などです。お客さんに購入されるまでの健康を管理する大切なお仕事なので、何か動物の体調の変化などを感じたらすぐ責任者に報告しましょう。

店舗、商品の管理

ペットショップでは動物だけではなく、餌や飼育グッズも販売しています。商品の在庫管理や発注、店舗の運営は、主に社員が管理する場合が多いです。

しかし、お客さんに商品の場所やオススメなどを聞かれることもあります。その際、戸惑うことなく答えられるように、アルバイトでも商品を把握しておくと良いでしょう。

また、店舗の管理業務の中には清掃も含まれています。これも動物の健康に関わる大切な仕事と言えるでしょう。

こんなペットショップもあります!

ペットショップと言えば、様々な動物、商品が販売されているお店ですよね。しかし、中には通常のイメージとは少し違ったペットショップも存在しています。いくつかご紹介します。

特定の動物を扱う専門店

犬猫の専門店、ウサギやエキゾチックアニマルと呼ばれる動物の専門店など、意外にもそのようなペットショップは多くあります。

通常のペットショップは自身の好きな動物を担当できるか分かりませんが、専門店なら高確率で担当することができるでしょう。

また、専門的な知識も身につくので、担当したい動物がいる場合は検討してみてはいかがでしょうか。

生体を扱わないお店

動物の販売を行っていないお店です。餌や飼育グッズなど商品のみを店頭やインターネットで販売するお店、商品販売以外にしつけ教室やペットホテルを開いているお店など、その事業内容は様々です。

生体管理の仕事はないので店舗管理、商品管理が主な仕事となるでしょう。また、犬猫の譲渡会の会場として定期的に会場提供しているお店もあります。その場合、譲渡会のお手伝いも大切な仕事になりますね。

里親募集を行っているお店

上記の譲渡会の会場提供をしているお店とは少し違い、里親を待つ犬猫をお店でお世話しているペットショップです。

保健所や保護団体と連携し、お店を経営しながら犬猫の保護活動を行っています。

基本的なお世話以外にも、問題行動のしつけや里親候補の家庭訪問など、業務は多岐にわたるようです。保護活動にも興味があるという方は是非検討してみてください。

いかがだったでしょうか。ペットショップでの仕事は、たくさんの動物に囲まれて癒されるという反面、命を扱うので責任感がとても大切になります。働いてみたいという方は、しっかり動物と向き合い、責任をもって仕事に取り組みましょう。