ペットショップを辞めたいと思う理由とは

この記事はこんな人向け!
・ペットショップ店員に興味がある人
・ペットショップを辞めたい理由について知りたい人
・動物と触れ合う仕事を探している人

動物が好きという理由などでペットショップで働こうと決めた人は多いです。しかし、働く前はあんなにも動物たちと働けるということに対してワクワクしていたのに、いざ働き始めたら辞めたいと思ってしまう人が多いのも事実です。今回はペットショップを辞めたいと思う理由とは一体なんなのかについて紹介していこうと思います。

ペットショップをやめたくなってしまう理由とは

どんなに好きな仕事であっても辞めてしまいたい!と思ってしまう瞬間があると思います。ペットショップで働いている人はどのような理由で働くことを辞めたいと思うのでしょうか?いくつかまとめてみました。

臭いがきつい

動物がたくさんいるお店ではどんなに清潔に保っていようとも、臭いはかなりきつくなってしまうものです。また、開店前などは夜の間に排泄したものなどが残っているため、かなりの臭いになることも多いです。犬や猫だけでなく、小動物なども扱っている店舗では特に臭いは強くなります。動物たちの臭いに耐えられなくて辞めてしまう人もいるのです。

得意ではない動物の世話もしなくてはいけない

ペットショップで働こうと思った人は、動物が好きであったり自宅でペットを飼っているからお世話には慣れているという人が多いかもしれません。しかし、ペットショップにはさまざまなジャンルの動物がいます。おそらく触ったこともないような動物がいることもあるでしょう。そういった自分が得意ではない動物たちのお世話もしなくてはいけないのです。犬や猫は得意であっても爬虫類は苦手という人は爬虫類を取り扱っていないような店舗で働くか、爬虫類のお世話も克服していく必要があるかもしれません。

アレルギーだった

意外と多いのが、実はアレルギーだったというものです。自宅でペットを飼っていて全然大丈夫なのに、働き始めたら鼻水が止まらないといった症状が出る人がいます。ペットショップでお世話をするのと自宅でペットのお世話をするのとでは大変さも、動物の数も全く違います。そのため、たくさんの動物に囲まれた環境で働くことによってアレルギー症状が出てくる人も稀にいるようです。

いかがでしたでしょうか?

動物たちと一緒に働ける仕事なんてとっても楽しそうと思っている人も多いと思いますが、とても大変な仕事であることも理解していただけたかと思います。今回紹介した以外にも動物のお世話以外に接客もしなくてはいけないことが嫌で辞めてしまった人などもいます。たくさんの業務をこなさなくてはいけないので大変な仕事だとは思います。しかし、その一方で動物たちが幸せに暮らせるように送り出す重要な仕事でもあります。辛いことも多いですが、やりがいもたくさんある仕事であることがわかりますよね。