経験者が語る!ペットショップ店員を目指す人へメッセージ

この記事はこんな人向け!
・ペットショップ店員に興味がある人
・ペットショップ店員のリアルな声を知りたい人
・ペットショップの実情を知りたい人

動物好きの方なら、一度は「ペットショップ店員になりたい」と夢見た事があるという方もたくさんいらっしゃるかと思います。そして、私もその中の一人でした。私は、実際にペットショップ店員で「トリマー」と「犬・猫販売」の担当をしておりました。

今回は、そこで当時感じていた事や、これからペットショップ店員を目指しているという方へ、メッセージやアドバイスをお伝えできればなと思います。

ペットショップ店員は癒しを求めて働くと痛い目に‥

ときに、ペットショップ店員になりたい理由を「動物に癒されながら働きたい」という人がいます。

もちろん、毎日癒されながら働く事は出来ます。しかし、動物を扱うお仕事なので

  • 汚い
  • 臭い
  • 危険

これらは避けては通れないお仕事です。

「可愛い動物に癒されたい」の理由だけで働いてみたいと入社する人は、高確率で辞めてしまう人ばかりです。

また、ペットショップ店員のスケジュールは、意外とハードです。癒される以上に大変な事もたくさんあるという事を知っておきましょう!

動物が好きだけでは続かない?

ペットショップ店員になるためには、もちろん動物が好きという事は第一条件です。しかし、それだけでは、続かないのが難しい所です。

特に生体管理を担当している方は、生体によって適切温度や環境があり、常にその環境に整えていなければいけない事や、病気やケガをしていないかを毎日チェックして、異常があればすぐに原因を探り、適切な処置をしなければいけないなど、動物の命を扱う重大なお仕事です。

常に気を抜けないお仕事なので、動物が好きという気持ちに加え、動物のお世話を苦と感じない人や、責任感のある人でないと、続ける事が難しいお仕事でもあります。

私が感じたペットショップの「楽しい」と「苦労」

実際に働いた際に私が感じた「楽しかったこと・嬉しかった事」と「苦労したこと・辛かったこと」を紹介します。

まずは、楽しかったこと嬉しかったことです。

  • 毎日大好きな犬・猫のお世話ができる
  • カット後、飼い主さんに「毎回可愛くしてくれてありがとう」と言われた事
  • 犬や猫が新しい家族に出会えた時
  • 私が働いていたペットショップで購入されたペットと飼い主が一緒に来店し、元気な姿を見せてくれた時
  • 犬・猫の可愛い姿を見られた時

続いて、苦労したこと・辛かったことについて

  • 暴れてしまう子をカットするとき(苦労)
  • 大きなケージを洗う時(苦労)
  • 土日祝の休みが全く取れない(辛い)
  • カットを担当していた犬が病気で亡くなったと聞かされた時(辛い)

ペットショップ店員を目指す人へメッセージ

この先ペットが、新しい家族と幸せに暮らしていくためのお手伝いができるペットショップ店員はとてもやりがいがあって、達成感を感じられる素敵なお仕事です。

大好きな動物と毎日触れ合いながらお仕事が出来るペットショップ店員は「幸せ」がたくさんの職場です。また、動物好きな方たちと毎日、共感しながら楽しく働けるという事もペットショップ店員の魅力でもあります。

自分の「好き」を仕事にする事は、簡単なことではありませんが、ペットショップ店員になるためには「動物が大好き」「お世話が大好き」まずは、この2つの気持ちが大切であることを忘れないようにしておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

ペットショップ店員のお仕事は、とても楽しいです。しかしその反面大変な事もたくさんあるという事も理解しておかなければ、ずっとペットショップ店員を目指していて、夢がかなったのに辞めたくなったという悲しい出来事が起こってしまいます。

ペットショップ店員になると、時には動物や人間関係にも悩まされる事もありますが、何より人を笑顔にする事ができて、やりがいを感じられ、楽しくお仕事ができる素敵な職業である事には間違いありません。

ペットショップ店員になりたいと強く思う気持ちがある方は、自信をもち、諦めずにペットショップ店員を目指してください!