老犬介護士への転職は可能?未経験からなるには?

この記事はこんな人向け!
・老犬介護士に興味がある人
・老犬介護士への転職を考えている人、未経験の人
・動物に関わる仕事を知りたい人

老犬介護士を目指している方の中には、今は違う仕事をしているけど、いずれは転身して働きたいと考えている方もいると思います。

しかし新しいことを始めるのは誰でも不安でしょう。

そこで今回は、老犬介護士への転職、未経験からの就職についてご紹介します。

老犬介護士への転職は可能?

老犬介護士へ仕事を変えることは可能です。

資格を持っているなら動物病院やペットホテルなど、多くの活躍の場があります。

もし老犬介護士として採用されなくても、身に付いている知識はどの職場でも重宝されるでしょう。

飼い犬がきっかけになることもある

どちらかといえば女性の方に多いですが、自分の飼い犬をきっかけに老犬介護士を目指すケースもあるようです。

老犬ホームにお世話になったり、自分で資格を取って介護に役立てたりと、きっかけはさまざまですが命に向き合う仕事にやりがいを感じて仕事を変える決意をする方は少なくありません。

資格が無くてもなれる

老犬介護士になるには学歴など特別なものは必要ないので、それまで他の業界で働いていた方でも問題はありません。

しかし無資格の場合、老犬介護士として採用される可能性は低くなります。

老犬ホームでは、主に老犬のお世話やリハビリが仕事ですが、動物病院やペットホテルではさまざまな年齢、種類の動物と接するので、何の知識も経験もない場合には老犬介護士として扱われることは難しいでしょう。

未経験からでも就職できる

先ほどご紹介したように、老犬介護士は無資格でも就職することが可能です。

求人情報を探してみると「未経験可」と記載されていることもあるので、働く場所を探すこともそれほど難しくないでしょう。

しかし、資格を持っているからこそ身に付く知識や技術が無いことから、慣れるまでは苦労することもあるかもしれません。

老犬介護士は働きながらでも目指せるので、早めに通信講座などで取得することをおすすめします。

独立を目指すなら資格を取ることは必須

老犬介護士として働く方の中には独立を目指す方もいます。

訪問介護をメインに働く方、老犬ホームを開業する方など、その働き方はさまざまです。

しかし、独立する場合には必ず資格が必要になります。

やはり資格を持っている方が、飼い主さんからの信頼を得やすいのです。

仕事として成立させるためにも独立前に資格を取ることをおすすめします。

いかがだったでしょうか。

老犬介護士はペットや飼い主の高齢化が進んでいることで、現在も需要が伸びており、今後もさらに活躍の場を広げていくことが期待されています。

これから仕事を変えたいという方にはおすすめの職業なので、ぜひ今回ご紹介したことを参考にしてみてください。