水族館飼育員の給料って高給?薄給?安いといわれる理由。

この記事はこんな人向け!
・水族館飼育員に興味がある人
・水族館飼育員の給料について知りたい人
・水族館関連の仕事を知りたい人

幼いころ水族館を訪れて、水族館飼育員に憧れたことがある人はたくさんいるでしょう。

水族館ってイルカや魚たちが楽しそうに泳いでていて楽しそうに感じます。

動物園と違って臭いもないし、空調も効いているしきれいです。

そんな、水族館で働くとしたら給料ってどのくらいなのでしょうか?

そして、本当にきれいで楽しいのでしょうか?

みなさんが気になる、水族館飼育員の給料についてご説明します。

水族館飼育員の給料

水族館飼育員の給料は安いとよく聞きます。

本当に水族館飼育員の給料は安いのでしょうか?

給与と年収

水族館飼育員の給料は16万円~18万円くらいが相場になり、年収としては200万円~300万円になります。

水族館は、大きく分けて2種類あり、公立水族館と私立水族館です。

公立水族館は地方公務員になるので、公務員試験に合格する必要があります。

公立水族館の給料は地方公務員の給与になるので、年収270万円~400万円くらいです。

水族館飼育員の給料は、高給ではないですが薄給といわれるほど安くもないことが分かります。

仕事内容

水族館飼育員の給料の水準は分かりました。

では、水族館飼育員の仕事内容は給料と見合っているのでしょうか?

水族館飼育員は、出社から退社まで水生生物たちの飼育や世話だけでなく、休み時間や退社後も水生生物の研究や発表などを行わなければなりません。

出社後直ぐに、水槽の見回り、魚たちの健康チェックから始まり、水槽などの掃除、調餌、来園者への説明などまだまだ続きます。

水族館飼育員の仕事場は主にバックヤードです。

バックヤードは、お客さまが入れる場所のような空調はないですし、清潔ではありますが餌の臭いなどがあります。

もちろん、水槽掃除や調餌は重たく肉体労働と呼べる物です。

その上、自分の担当の魚や水獣たちが病気や出産などの時には泊まり込みで看病することもあります。

精神的にも肉体的にもかなりハードな職場といっていいです。

安いといわれる理由

水族館飼育員の給料と仕事内容を見てきました。

給料自体が薄給ということはないですが、仕事内容に比べ給料が安く感じているのかもしれないということは推測できます。

それでも、狭き門といわれている水族館飼育員なので、給料が安くても辞める人が少ないということ。

人気の職業でなかなか求人が出ない職種なので給料が安くても応募が集まるという背景があり給料が上がりにくい環境になっています。

まとめ

水族館飼育員の給料と仕事内容、安いといわれる理由のついて解説しました。

  • 水族館飼育員の給料は高給ではないが薄給といわれるほど安くはない。
  • 水族館飼育員の仕事内容は出勤から退社までだけではなく、仕事を離れても研究などがある。
  • 水族館飼育員の仕事は肉体労働と言われるほど重労働である。
  • 水族館飼育員の給料が仕事内容に比べ給料が安いと感じている可能性がある。
  • 水族館飼育員は人気の職業だから給料を上げなくても求人に応募がくる。

水族館飼育員の給料は仕事内容や労働と比べると安いと感じるかもしれません。

しかし、水族館飼育員の方は飼育員の仕事が好きで誇りを持って働いているのでなかなか求人が出ないほど人気の職業です。

水生動物たちが大好きで、世話や飼育、研究や発表を前向きに捉え愛情を注げる方が水族館飼育員に向いているということがおわかりいただけたと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。