トリマーのやりがいや楽しさ、魅力を感じる瞬間とは

この記事はこんな人向け!
・トリマーに興味がある人
・トリマーのやりがいや楽しさ、魅力について知りたい人
・トリマーを目指している人

トリマーを目指している人の中には挫折しそうになっている人もいるかもしれません。「トリマーって何がやりがいなの?」とわからなくなっている人のために、今回はトリマーのやりがいや楽しさ、魅力を紹介していこうと思います。この記事を読んでもう一度頑張ってみようと思ってもらえたら嬉しいです。

トリマーとして働いていてやりがいを感じた瞬間とは

トリマーとして働いていると、辛いことや苦しい状況に追い込まれてしまうこともあるかもしれません。しかし、働き続けていれば必ずトリマーになって良かったと思える瞬間があるはずです。そんなトリマーとして働いていて良かったと思う瞬間をいくつかまとめてみました。

自分の思った通りのトリミングができたときとき

トリマーとしての腕を磨き続け、自分の思った通りにカットができた時には頑張ってきて良かったと感じるはずです。犬のカットを行って可愛くできるのはトリマーだけです。思い通りにカットができるようになればどんどん仕事が楽しくなってくるはずです。しかし、それまでは一生懸命スキルを磨く努力が必要ですね。

飼い主さんに「またお願いね」と言われたとき

トリミングを依頼してくださった飼い主さんから「またお願いね」とか「ありがとう」と感謝してもらった時にはとても嬉しい気持ちになります。犬を可愛く仕上げるのはもちろんですが、飼い主さんから認めてもらえると頑張って良かったと感じるはずです。また、飼い主さんとの信頼関係も築くことができるので継続した依頼がくる可能性も高くなります。

飼い主さんからのお褒めの言葉は自分の努力が報われた瞬間ですね。

病気がよくなったとき

トリマーは元気な犬の可愛くカットするだけでなく、皮膚病を患っている犬などの治療のためにトリミングやシャンプーを行うこともあります。動物病院に併設しているトリミングサロンだとこのような治療を目的としたトリミングをすることも多くあります。皮膚病でいつも痒い思いをしていた犬が自分のトリミングのおかげでよくなってきた時にはほっと一安心するものです。

いかがでしたでしょうか?

トリマーが働いていて良かったと感じるのは主に以下のような時であることがわかります。

・自分のスキルが上がった

・飼い主さんに認めてもらえた

・犬がトリミングによって健康な生活を取り戻した

どれも地道な努力を行ってきたからこそ達成できたことだと思います。最初はなかなか成果が出ずに「自分は向いていない」と思ってしまうこともあるかもしれません。しかし、最初から全て完璧にこなせる人はいません。どんな人も努力を惜しまずに取り組んできた人です。ぜひ、トリマーとしてのやりがいや楽しみを感じられるように頑張ってみてください。