トリマー何歳まで働ける?内容を紹介

この記事はこんな人向け!
・トリマーに興味がある人
・トリマーは何歳まで働けるか知りたい人
・トリマーを目指している人



トリマーを自分の職業としたい人もいるでしょう。

トリマーは動物の毛並みを整えたり健康チェックをしたりする仕事であり、ペットブームも相まって需要もあります。

ただ、トリマーで働く際は「何歳まで働けるの?」と疑問を感じる人もいるでしょう。

仕事を長くしていきたい人にとって年齢は重要なポイントです。

内容を紹介しましょう。

トリマーは何歳まで? 20〜30代までと言われている

トリマーは基本的に年齢制限はないので、年齢によって仕事を辞める必要はなく、行いたいなら続けることが可能です。

ただ、トリマーの仕事は20〜30代が限界と言われているところもあります。

その理由について内容を紹介しましょう。

肉体労働が多いため

トリマーの仕事は肉体労働が多いため、体力が必要になります。

トリマーの仕事は犬や猫などのペットを持ち上げること、また中腰で仕事を行うことが多いため、腰に負担がかかります。

また、ペットの毛を切ったり洗ったりする作業も多いため、手首を使う機会も多く腰痛や腱鞘炎などに悩んでしまう人もいます。

肉体労働でも20〜30代であれば体力もあるので負担をあまり感じないかもしれませんが、年齢が高くなるにつれて仕事の負担は大きくなります。

トリマーが合わずに別の仕事に転職することもある

トリマーは動物と接する仕事なので需要はありますが、仕事内容は肉体労働であり、腰痛や腱鞘炎になることもあります。

そのため、トリマーの仕事を始めても新しく別の仕事に転職してしまう人もいます。

一生の仕事を選択するために転職を考えるなら若い時の方が有利であり、20〜30代で決断する必要があります。

もし、トリマーの仕事にきつさを感じた場合、20〜30代で別の仕事に転職しないと不利になるため、仕事が合わない人は40歳になる前の30代前半で転職します。

そのため、年齢が高い40〜50歳代のトリマーは少ないです。

トリマーとして何歳までも仕事を続けていくためには

トリマーとして定年くらいまで仕事行う続けたい場合は対策を講じることが必要です。

トリマーとして長く続ける秘訣は以下の2点です。

経営者として独立する

トリマーの経営者として自分の店舗を持つようになるなら、トリマーの仕事は続けていくことができます。

経営者として活動するなら、従業員にトリマーの仕事を分担してもらうことができるので、自分の負担をかなり軽減できます。

経営のノウハウは必要ですが、トリマーは続けていきやすいです。

トリマーの育成を仕事にする

トリマーの育成を仕事にすることもできます。

トリマーのノウハウや知識、スキルを持っているなら若い人にトリマーの内容を指導することができます。

トリマーの指導係としてのポストをお店の中でもらえるなら、トリマーの仕事負担を軽減して長く続けることができます。

お店の経営方針にもよりますが、この方法で長く続けることも検討できます。

まとめ

トリマーは年齢によって負担が重くのしかかるため、負担軽減できる方法を考える必要があります。

トリマーの仕事を長く続けたい人は人生設計をしっかり考慮しましょう。