老犬介護士の就職先の種類と活躍の場とは?

この記事はこんな人向け!
・老犬介護士に興味がある人
・老犬介護士の就職先や活躍の場について知りたい人
・動物に関わる仕事を知りたい人

老犬介護士として働くには、豊富な知識や技術が必要です。

そのため、犬に関連したさまざまな施設で活躍することができます。

では、具体的にどのような場所で働くことができるのでしょう。

今回は、老犬介護士の就職先の種類と活躍の場についてお話しします。

老犬介護士の就職先の種類と活躍の場とは?

まずは、老犬介護士が活躍できる就職先をいくつかご紹介します。

老犬ホーム

老犬介護士の就職先と聞いて、まず思い浮かぶ施設が老犬ホームではないでしょうか。

実際、老犬介護士としての技術や知識を最大限発揮できるのは老犬ホームでしょう。

老犬ホームは、まだまだ数が少ないので雇用も多いとは言えませんが、今後増えていくことが予想されているので、それにともない雇用も増えていくでしょう。

動物病院

近年、医療が発達して動物の寿命がのびたことにより、高齢の動物の来院が増えています。

動物病院は犬以外にも来院するので、老犬ホームと比べるとその技術を使うことは少ないかもしれません。

しかし、犬の扱いが上手くリハビリのレクチャーも可能なので、重宝される存在になるでしょう。

また、入院した動物の介護も担当できるので、活躍できる場面は多いようですね。

ペットホテル

ペットホテルは、まだ幼い仔犬から老犬までさまざまな犬が利用します。

健康な犬なら不安を感じずに預けることができると思いますが、老犬を預けたいという飼い主さんは、スタッフが老犬に対応できるのか気になるでしょう。

実際、介護が必要な老犬の対応は難しく、初めから受け入れないという施設も少なくありません。

そういった背景から、老犬も扱うことのできる老犬介護士は歓迎されやすいといえます。

訪問介護

老犬介護士は、老犬のお世話をするだけではなく、出来なくなったことを改善するリハビリや生活環境の提案、飼い主さんのメンタル面のサポートも行います。

実際に生活している様子をうかがえる訪問介護は、改善するべき点が分かりやすいので、的確な対応が可能です。

また、飼い主さんと犬も慣れた環境でリラックスしているため、信頼関係を築きやすいといえるでしょう。

独立開業して働くことも可能

老犬介護士は、施設に所属しなくても独立して働くことが可能です。

独立している方の多くは、訪問介護やペットシッターとして働いています。

自力で仕事を見つけることは難しいですが、時間の制限もなく、自身が納得するまで仕事をやり遂げられるという点は大きなメリットのようです。

また、老人ホームで働いていた経験を活かして老犬ホームを開業する方もいます。

自分の理念に合った施設で働ける上に、老犬介護士の新たな活躍の場を増やすこともできるのです。

ボランティアでも活躍できる

保護されている犬は老犬も多いことから、老犬介護士としての知識と技術はかなり重宝されるでしょう。

また、新しい飼い主さんが決まって家を訪問する際に、生活環境のアドバイスをすることも可能です。

いかがだったでしょうか。

ペットの家族化が進んでいることもあり、老犬介護士の需要は今後ますます高まってきます。

また、活躍できる場が多いので、自身のライフスタイルに合った働き方ができるでしょう。

興味のある方は老犬介護士を目指してみてはいかがでしょうか。