トリマーに必要な資格とは?おすすめを紹介

この記事はこんな人向け!
・トリマーに興味がある人
・トリマーに必要な資格について知りたい人
・トリマーを目指している人


「トリマーになりたい」と思い人もいるでしょう。

トリマーになるためにはスキルや知識が必要なので、それを証明する必要があります。

トリマーの証明とするには資格の取得がおすすめです。

資格があればスキルがあることを証明する確固たる証拠だからです。

ただ、「どのような資格を習得できるの?」と疑問を感じる人もいるでしょう。

トリマーの資格について内容を紹介します。

トリマーになるためにおすすめできる資格とは

トリマーとして活動したいなら、トリマーになるために有利となる資格を獲得することがおすすめです。

以下の資格がトリマーになるためのおすすめです。

JKC認定トリマー

この資格は一般法人であるジャパンケネルクラブが発行している資格であり、トリマーの資格の中でも実績があります。

資格はランクで分かれており、初めは1番低いC級から習得して上級のランクに挑戦していきます。

JKC認定トリマーは公認の養成機関で定められた課程を修める必要があるので、専門学校に通って習得するのが一般的です。

学校に通わずに習得するためにJKC会員を2年以上続ける必要があります。

もし、本気で習得したいなら専門学校に通うようにしましょう。

トリマー・ペットスタイリスト

トリマーペットスタイリストは協会が指定する教育機関において、全カリキュラムを修了することで受験資格を得られるます。

専門学校に通っていても受験資格を得られ、在宅で受験を行うことが可能です。

試験会場ではなくオンラインで受験ができるので、受験資格があるなら手軽に受験して取得することが可能です。

I.C.Cグルーマーライセンス

この資格は猫のグルーミングの技能や知識が証明できます。

資格のランクはAから教士と分かれており、筆記試験を行った後に実技試験を行い、合格すると資格習得となります。

どちらも猫のグルーミングの特化した資格であり、まだ知名度は低い資格ですが、1つの資格として持っておいてもおもしろい資格です。

SAE公認トリマー

トリマーとしての知識と技術を証明でき、資格ランクは初級〜教師とグレードが違います。

昇級して上位のランクを取得するためには1年1年の就業経験が必要になります。

資格としては権威もあるため、持っておくならスキルの実績を示す点で有利とも言えます。

また、トリマーの資格以外にも家庭犬訓練士や動物看護師などの認定資格もあるので、いろいろな資格にチャレンジしてみることが可能です。

ペット・グルーミングスペシャリスト

日本衛生看護師協会が提供している資格であり、犬と猫に特化した内容です。

この資格を受験するためには専門学校や大学で美容に関する3年以上のカリキュラム、または2年以上のカリキュラムと2年の実務経験が必要です。

トリマーとして資格の効果は高いので条件達成ができれば資格受験を考えてみましょう。

資格のまとめ

トリマーに関する資格はいろいろあり豊富です。

ぜひ、関心のある資格を受験してみるようにしてください。