アニマルセピストとして働く上で、大切なことは?

この記事はこんな人向け!
・アニマルセラピストに興味がある人
・アニマルセラピストの働く上で大切なことを知りたい人
・色々な仕事の就職先を知っておきたい人

アニマルセラピストとは、動物とのふれあいを通して、患者さんのストレス・痛みを癒す仕事です。動物と触れ合える仕事なので、動物が好きな人には、たまらない仕事に聞こえますよね。しかし、一方で、収入・体力面で、大変なことが多いのも事実です。

この記事では、そんなアニマルセラピストとして働く上で、大切なことを紹介します。

アニマルセラピストとして働く上で、注意すべき点

アニマルセラピストの仕事で、注意すべき点を解説します。犬や猫、イルカなど、可愛らしい動物と働けるアニマルセラピストですが、もちろん、楽しいことばかりではありません。

アニマルセラピストのみで、生計を立てることは難しい

近年、アニマルセラピストは、福祉・医療・教育などの分野を中心に取り入れられる場面が増えつつあります。

しかし、正社員として働く人はまだまだ少なく、非常勤やボランティアで働く人が中心です。別の仕事と掛け持ちしながら、地道に活躍の場を探すのがよいでしょう。

アニマルセラピストとして働くには、必須の資格はありません。しかし、アニマルセラピー認定資格を取得したり、心理カウンセリングなどの幅広い知識を身に着けることをおすすめします。

休日も少なく、体力的にきつい部分がある

働く場所にもよりますが、アニマルセラピストとして働く場合、休日が少なく、体力的にきつい仕事が多いようです。

やはり、生き物を扱うので、日々の世話をする必要があります。そのため、休日が少ないのは仕方ないようです。職員一人で数十頭もの動物を世話することがあるので、体力的にもきついようです。

忘れてはいけない、仕事をするうえで大切なこと大切なこと

大変な面もあるアニマルセラピストでの仕事ですが、最も大切な忘れてはいけないポイントを解説します。

命の尊さを十分理解する

アニマルセラピストとしての活動は、刑務所や少年院の人たちに、命の尊さを教えたり、道徳の学習の一つとして実施することがあります。

この活動は、捨てられた動物たちを、刑務所や少年院の人たちが育て訓練します。

そうすることで、動物たちと刑務所や少年院で過ごす人たち、両方の心をケアできます。命の尊さを教える立場になるので、命の尊さを十分理解する必要があるでしょう。

生き物を扱うことは、その命を預かることです。責任感を持って勤務するのは当然ですよね。

福祉に貢献したいという気持ちを持つこと

福祉に貢献したいという想いを持つことも重要です。動物とセラピーを受ける患者さんを、支えるような立場・心構えで働ける人が理想です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

アニマルセラピストとして働く場合、収入や健康面できつい部分があることは説明しました。しかし、アニマルセラピーには、人を笑顔にし心を癒す力があり、とてもやりがいのある仕事です。動物が大好きで、社会貢献の意欲がある方には、天職といえるでしょう!