女性ブリーダーとしての働きやすさとは?

この記事はこんな人向け!
・ブリーダーに興味がある人
・女性ブリーダーという働き方を知りたい人
・女性としての働き方を考えている人

昨今、男女平等と言われ続けていますが、実際にはまだ世の中の女性が活躍できる機会が少ないのが現実ではないでしょうか。しかしながら、ブリーダー業を行なっている方の中には女性も多くいます。

そこで、今回はブリーダーという職業が女性にとって、どのように働きやすいのかについて説明していきましょう。

女性ブリーダーの良い所とは

ブリーダーの仕事は犬に丸一日関わる仕事ですので、マメで面倒見の良い人が適正です。そんなブリーダー業の中でも女性ブリーダーの良い点についてお話ししていきます。

面倒見が良い

もちろん男性でも面倒見の良い人はいますが、やはり女性には面倒を見るのが好きな人が圧倒的に多いのではないでしょうか。男性には気が付かない細かなところまで気づいて手をかけられる特性のある女性ならではの利点と言えます。

面倒見の良い人はよく観察することで、色々なことに気が付き早期対応することが出来ます。

組み立てが上手

女性は日々家事をこなし、一度に色々なことをしながら周りの状況を見て動くことが出来ますので、ブリーダーとして働きやすく、良い視点を持っていると言えます。

忙しい中、洗濯をしながら子供の学校の準備をする、料理のレシピを考える事、掃除をしながら会社へ行く準備をするなど、毎日時間の組み立てを考え行動しているのでブリーダーの仕事の流れの組み立ても上手に出来るのではないでしょうか。

女性として働きやすさとは何?

女性が外に出て働くには、色々と条件が必要なことが多く、自分のライフスタイルにマッチしていると働きやすく長く続けていくことが出来ます。働きやすさには一体どのような事が必要になるでしょうか。

柔軟な働き方が出来る事

男性も同様ですが、まだ女性が働く事だけに集中できる世の中にはなっていません。働きながら、家事を行い子育てをしながら、親御さんの介護もあるかもしれません。

ライフステージが日々変わり、時間変動もあるため柔軟な働き方が求められます。

ブリーダーはある程度の流れは決まっていますが、自身で時間調整をすることもできる仕事があります。その日に合わせて仕事を組んだりすることが、比較的柔軟にできます。

個人でブリーダーをしていれば、家族の協力も必要になりますが、ある程度はライフバランスも保ちながら働くことが可能になります。

育児経験や母性本能が生かせる事

ブリーダーは繁殖も行う仕事で、多くの女性は出産や子育て経験があります。

もちろん人間と同じではありませんが、母犬が必死に産む姿や産んだ後の子育てを見るには経験を生かせる仕事と言えます。

女性には母性本能が備わっていることで、犬を管理する能力が高く、非常に向いており、働きやすさは充分。

女性ならではのきめ細かなケアでブリーダーとして働くには女性は最適と言える仕事だと感じます。