動物病院に実習に行く際に必要なものは?

この記事はこんな人向け!
・動物看護師に興味がある人
・動物看護師が実習へ行く際に必要なものを知りたい人
・動物病院への実習とは一体何か知りたい人

動物看護師の就職活動は一般の会社とは異なり、まず病院で数日働いてみる就職実習がつきものです。まずは実習、その上で面接を行い就職の可否が決まります。

また就職実習以外でも授業の一環としてインターンシップに行くことをカリキュラムに入れている学校も多いため就職までに複数回実習に行くこともあります。そこで今回は動物病院の実習で必要になる持ち物についてまとめてみました。

動物病院実習で必要になる持ち物とは?

動物病院で実習を行う際、必ず持っておきたいアイテムについてご紹介します

ユニフォーム、シューズ、髪ゴム

動物看護師は必ず制服を着用して勤務しますが実習生の場合は学校で支給されているユニフォームで構いません。上下揃っている看護ユニフォームが理想ですが学校によってはユニフォームがジャージだったり白衣だったりと看護ユニフォームを用意できないこともあるかもしれませんね。その場合はひとまず自前のユニフォームを持参し病院スタッフに着用OKか確認しましょう。

学校に行っていない方は病院側にユニフォームの準備が難しいことを申し出てください。こういった場合は病院側で制服を貸し出してくれることがほとんどですので心配しなくて大丈夫です。

また職業柄血液を連想させるような鮮やかな赤は嫌われますので注意しましょう。髪が長い方はシンプルな髪ゴムを忘れずに。業務中は動物を抑えるなど前かがみになる事が多いので原則髪は束ねるのがマナーです。

またユニフォームと同様にシューズも持参します。院内は土足ではなく内履きを使用している病院がほとんどですので白色の内履きを用意しておくと安心です。シューズは貸し出せないので必ず持参するようにしましょう。

腕時計、メモ帳、筆記用具

腕時計は病院によりますが動物の心拍、呼吸を測る際に使用します。念のため持参し必要であれば装着しましょう。逆に装飾品は時計であっても一切NGにしている病院もありますのでスタッフに確認してみてください。

また忘れてはいけないのが小さなメモ帳と筆記用具です。実習中であっても教えてもらったことはきちんとメモし何度も同じことを聞いてしまわないようにしましょう。特に就職実習の際はそういった学ぶ姿勢があるかを見られています。メモ帳はユニフォームのポケットに入るサイズがおススメです。

実習記録や履歴書

インターンシップの際は学校から毎日の記録を付ける実習記録を渡されるかと思います。スタッフのサインをもらわないといけないので必ず毎日持参し隙を見計らってチェックをお願いしましょう。

また就職実習の際は初日に履歴書を持参し院長、もしくは人事担当者に挨拶とともにお渡しします。

いかがでしたか?実習の際は意外と大荷物になってしまいます。緊張も相まって忘れ物をしないよう注意してくださいね。また当然ですが患者さんの前に出ることもあります。持参するユニフォームは洗濯し、メイクは控えめに。清潔感を忘れずに挑みましょう。

ハーナスバナー