ドッグトレーナーになったら?気になる就職先や活躍の場を解説!

この記事はこんな人向け!
・ドッグトレーナーに興味がある人
・ドッグトレーナー の活躍の場を知りたい人
・様々な職業を知りたい人

動物系専門学校を卒業されて、最も気になるのは就職のことではないでしょうか。ドッグトレーナーの場合、その活躍の場は多岐にわたります。

今回は主な就職先の業種をご紹介しつつ、仕事の幅を広げる可能性について解説していきます。

ドッグトレーナーの主な就職先の業種

犬のしつけやトレーニングがメインになりますから、必然的に犬に関する業種となります。主なものを紹介していきましょう。

犬のしつけ教室

犬のマナーやしつけが重要視されるようになり、「いぬのしつけ教室」が続々とオープンしています。人間と暮らしていくにあたって最低限のマナーを教える学校ですが、少数限定のレッスンから合同で行う集団レッスンまで幅広くあります。

多くは個人経営の場合が多いため、評判の良い教室では高い給与が見込めることがあります。求人情報をよく確認しておくべきでしょう。

ペットショップ

大手のペットショップチェーンでは犬を販売するだけでなく、ドッグスクールを開催している店舗もすくなくありません。

子犬を対象としたパピーパーティやマナー教室、あるいは成犬を対象にした問題行動に対するトレーニングスクールが開催されています。

大手だけに給与面で優遇されていますから、もっとも安定した待遇だと言えるでしょう。

ペットホテル・ペットサロン

飼い主さんが旅行へ行かれたり、遠出した際に犬を預けてトレーニングしてくれるサービスもあります。

また犬の状態を見ながら他の犬と過ごしてみたり、基本的なしつけや問題行動を解決してくれたりなど、飼い主さんのサポートを行います。

多くは個人経営の場合が多いですし、トレーニングのサービスを実施していない施設もあるため、事前に確認は必要です。

求人を探すコツとは?

次に自分の条件に見合った求人があるかどうか確認することが重要です。単に給与面にばかり目が行くと思わぬトラブルとなる可能性もあります。

勤務時間をしっかり確認すること

勤務日数や勤務時間は企業によってばらつきがあるため、事前にしっかり確認しておくことが必要です。

週休二日制なのか?シフト制なのか?はもとより、ペットホテル等の場合は夜勤があるのか?ということも確認しておきましょう。

仕事内容に問題がないかチェック

実際の仕事内容も要チェックです。店舗・施設での業務以外に犬の送迎や飼い主への指導が含まれることもありますし、想定もしなかった仕事を要求されることもあります。

またスクールの指導方針やトレーニング方法なども確認しておきましょう。実際に現場で見てみることが大切です。

経験を積んでフリーランスに

経験を積んでいくと「自分の力を試してみたい」と思うのは、やはりプロとしての自覚が出てきたという証拠でしょう。フリーランスになるということは活躍するための大きな要素なのです。

自分の思い通りに仕事ができる

雇われている身ですと、どうしても企業やお店の方針に従わざるを得ず、なかなか自分の意見は通しにくいものです。職場でディスカッションを通して意見交換できる場もありますが、やはりフリーランスになるメリットとしては、自分の思い通りに仕事ができることでしょう。

仕事に対して自信が持てるようになり、独り立ちできるだけの技量が付けば、フリーランスになるチャンスなのかも知れません。

それなりのデメリットも覚悟する

フリーランスになるということは全責任を自分で負うということです。おそらく最初はなかなか顧客が付かず、仕事が軌道に乗らないかも知れませんが、情熱を持って仕事を続けていけば、デメリットの壁を克服できるのではないでしょうか。