ドルフィントレーナーの需要・現状と将来性

この記事はこんな人向け!
・ドルフィントレーナーに興味がある人
・ドルフィントレーナーの将来性を知りたい人
・水族館に就職したい人

ドルフィントレーナーは、イルカを飼育する水族館を初めとした施設でイルカの飼育を担当し観客の前でショーを披露することもある仕事です。

イルカと一緒に働けることはとても魅力的で目指す人も多い職業ですが、実情はどのようになっているのでしょうか?

ドルフィントレーナーに需要・現状と将来性について

ドルフィントレーナーの需要・現状・将来性について順番に説明していきます。

需要

イルカと働けることや飼育を担当できることに憧れを抱き、ドルフィントレーナーとしての就職希望者は後を絶ちません。

しかし、イルカのいる水族館は全国に約30か所しかなく、更に求人情報に関しては基本的に欠員が出た時に出されます。

そのため、数少ない求人募集に多くの志望者が殺到するため倍率は50倍~100倍までと非常に高くなってしまい、水族館にとってのドルフィントレーナーの需要は高いとは言えない実情があります。

現状で求められていること

イルカショーは大量の餌づくりを行ったり、冬場の凍えるような寒さの中でも冷たい水の中に入らなければいけないといったドルフィントレーナーの見えない部分での欠かせない努力の積み重ねによって表舞台で華やかなショーを観客に見てもらうことができています。

しかし以前にも増して現状では、更に観客にイルカの事をよく知ってもらうために、イルカの飼育や調教以外にもイルカの生態についてを楽しく解説することができるような技量であったり、来園者に自然保護のことを理解してもらうように伝えることのできる専門知識までもが求められています。

ドルフィントレーナーの将来性

イルカショーを行っている全ての施設では来園者を増やすために工夫を凝らし個性を打ち出せるように努力を重ねています。

特に最近では、イルカのショー以外にもイルカと人間が自然に触れ合うことのできるイベントや水族館、マリンパークのような施設も増えてきている中で、ドルフィントレーナーとしてショーを見てくれている観客にイルカを知ってもらうための努力は必要不可欠となってきます。

来園者にイルカの魅力を発信したり、気配りをしたりと努力を惜しまないドルフィントレーナーは今後も求められてくることでしょう。

いかがでしたでしょうか?

ドルフィントレーナーの仕事は重労働で、華やかな舞台の裏では絶え間ない努力が必要となってきますが、ショーを見てくれている観客に夢と希望を与えることのできる素晴らしい職業です。

求人情報が少なく倍率は非常に高い傾向にあるため、実際に働けるようになるまでの道のりは険しいのかもしれませんが、諦めずに努力を重ねていけばきっと道は開けますのでぜひ頑張ってみてください!