ドルフィントレーナーの女性としての働きやすさは?

この記事はこんな人向け!
・ドルフィントレーナーに興味がある人
・ドルフィントレーナーの将来性を知りたい人
・水族館に就職したい人

ドルフィントレーナーと言えば、水族館のイルカショーで大活躍している方を想像している方もおおいのではないでしょうか?

水族館のイルカショーでは、女性の方も多く活躍されている姿を良く目にしますよね。イルカに指示を出し、時には一緒に水中に入ってイルカへ指示を出すという事は決して楽なお仕事ではなく、体力仕事の多い仕事となります。

そんな体力仕事が多いと言われているドルフィントレーナーですが、女性としての働きやすさはどうなんでしょうか?

今回は、ドルフィントレーナーの女性としての働きやすさについて、ご紹介していきます。

ドルフィントレーナーは女性が働きやすい仕事です。

体力仕事なのであれば、男性の方が向いているのでは?と感じる方もいらっしゃるかと思います。もちろんそうなのですが、女性には男性の方にはあまり備わっていない力がある事をお気づきでしょうか?

それは「小さなことへの気配り」です。

女性は、男性が苦手とする方が多い「気配り」が上手な生き物です。

その気配りができる女性は、接客や掃除だけではなく、動物に対しての意思疎通も上手にこなせるでしょう。

また、小さなことへの気配りができるという事は、小さな異変にも気付きやすいという事です。動物の体調の異変は、トレーナーである人間が行わなければいけません。

そのため、小さな異変に気付くことのできる女性にとっては、強みとも言えます。

ドルフィントレーナーは体力など女性として働きにくい面も

ドルフィントレーナーは、体力が必要となるお仕事です。給餌などの力仕事も日常的にあるので、そういった面では、女性としては働きにくい面もあります。

ドルフィントレーナーの世界は甘くなく、力がないからと他人に仕事を任せられるような事はありませんので、女性の方でドルフィントレーナーを目指している方は、実際にドルフィントレーナーとして働く日のために、十分な体力をつける事も大切な事です。

ドルフィントレーナーは女性ならではの問題も

とくに女性が多い職場の場合、トラブルが起こる事も…。女性同士だからこそ起こるトラブルが原因で、仕方なくドルフィントレーナーを辞めてしまったという方もいらっしゃるようです。

パワハラやモラハラはドルフィントレーナーの世界だけではなく、全ての業種に起こりえる事なのですが、就職する前に、就職したい会社がどのような雰囲気の会社なのか、事前に確認しておくことをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?

女性には小さな気配りができ、少しの異変にも気付きやすいという、動物を扱う職業にとても大切な事が、備わっているという強みがあります。

体力面では、どうしても男性に劣っていまう事もありますが、女性同士協力してカバーする事もできます。

こういった事から、あなたが長く働きやすい環境にあるかどうか、事前に調べておくことがおすすめです!