ドルフィントレーナーの仕事内容はハードが基本!

この記事はこんな人向け!
・ドルフィントレーナーに興味がある人
・ドルフィントレーナーの仕事内容を知りたい人
・水族館に就職したい人

主に水族館のイルカショーで活躍しているドルフィントレーナーは、見ていて「かっこよくて憧る!」という方も多いようです。そして、ドルフィントレーナーを目指しているという方の中には、ドルフィントレーナーの仕事内容を詳しく知りたい!という方もいらっしゃるかと思います。

ここでは、ドルフィントレーナーはどのような事がメインとなる仕事なのか?そして1日どのような仕事をしているのか?についてご紹介いたします!

ドルフィントレーナーってどんな仕事なの?

ドルフィントレーナーの主な仕事の内容は、イルカの飼育と調教がメインです。

イルカショーを見てもらっているお客様へ楽しんでもらえるように、日々ショーで披露をする技を訓練しています。

まずはイルカと信頼関係を築く事から始まる

訓練をしてイルカショーを成功させるためには、トレーナーとイルカの信頼関係を築く事が重要になります。

より良いパフォーマンスを見せてお客様へ楽しんでもらうためには、毎日の訓練やふれあいなど、日々のお世話をする中で信頼関係を築いていきます。

ドルフィントレーナーの仕事はハードです

ドルフィントレーナーは、イルカショーがある施設であれば特にハードな仕事内容です。

訓練やショーでは、休憩をはさみながら何時間も水中で過ごし、イルカのご飯タイムには重いエサをイルカの元へ運びます。

また、イルカの様子によって、残業が多くなってしまう日がある事は珍しい事ではありません。

このように、不規則で力仕事の多い事から、ドルフィントレーナーの仕事内容は、ハードだと言われています。

ドルフィントレーナーの仕事内容について

ドルフィントレーナーが1日の中で行う仕事の内容は以下の通りです。

  • イルカの調教
  • イルカの体調管理
  • プールの水質チェック
  • エサ作り
  • 栄養管理
  • 水族館の清掃(水族館勤務の場合)

水族館で勤務している場合、イルカのプールや水槽だけではなく他の水槽の清掃もお願いされる事が一般的で、ドルフィントレーナーだからイルカ関係の事だけの仕事をするという事は無いようです。

日々の訓練には体調管理・栄養管理が欠かせない

毎日訓練を行い、最高のショーをお客様へ披露するには体調管理と栄養管理がとても重要です。

体調が悪い状態でショーをしてもうまくいきません。栄養が足りていないと、体力が持たず、からだをうまくコントロールすることが出来なくなり、ショーの最中に他のイルカとぶつかってしまい、イルカがケガをしてしまう事もあります。

訓練をしつつ健康管理をしっかりと行って、少しでも様子がおかしいとなると、原因を探り、治療や改善策を考えます。

まとめ

いかがでしたか?

ドルフィントレーナーが行う仕事内容の中でも一番大切なのが、イルカの体調管理・栄養管理、そして水質チェックです。これらは、イルカの健康を守るために徹底されているお仕事です。

ドルフィントレーナーはイルカとの信頼関係を築き上げ、多くのお客様へ感動と笑顔を与えるとても魅力のあるお仕事です。