ドルフィントレーナーの難易度や合格率について

この記事はこんな人向け!
・ドルフィントレーナーに興味がある人
・ドルフィントレーナーの難易度や合格率を知りたい人
・水族館に就職したい人

ドルフィントレーナーになりたいと思っている方の中には、専門学校に通い必要な資格を取得しようと考えている方もおおいのではないでしょうか?

どの資格取得時にも気になるのが、その資格の難易度や合格率ですよね。

そこで今回は、ドルフィントレーナーの仕事で持っていると有利な資格と、その難易度・合格率についてご紹介いたします。

ドルフィントレーナーの資格取得の難易度・合格率は?

ドルフィントレーナーとして働くために、持っていると良い資格の取得難易度や合格率をそれぞれご紹介いたします。

持っていると良い資格その1「潜水士」

ドルフィントレーナーで持っていると良い資格の中の一つが潜水士です。潜水士の資格は筆記試験の身で実技はありません。

その合格率は80%と試験を受けた多くの方が合格する事ができているのですが、この合格率を上げている方たちの多くは「警察学校」「海上保安学校」などの生徒で、しっかりと勉強をしている方たちばかりなのです。

ですので、合格率が高いからと高を括るのではなく、試験当日までにきっちりと勉強しておくことが大切です。

持っていると良い資格その2「ダイビングライセンス」

ダイビングライセンスにはランクがあり、それぞれの難易度も異なります。その複数あるライセンスの中でもドルフィントレーナーで持っておくと良いライセンスが「オープンウォーターダイバー」です。

オープンウォーターダイバーは水深18mまで潜る事ができるので、イルカプールでも十分に活躍する事の出来る資格です。

試験には筆記試験もあるのですが、そこまで難しい内容の試験では無いようです。

しかし、実技でつまずいてしまう方もいるようです。海に慣れていない人は慣れるまでに時間がかかる事もあり、ダイビングライセンスは、試験を受ける人の運動能力や適応力などで、資格取得までのスピードも変わるでしょう。

ドルフィントレーナーの競争率は高い!

ドルフィントレーナーとして働きたいという方で最も希望の多い施設が「水族館」です。

水族館の求人は定期的にされているものではなく、水族館の事業拡大や、人手不足が出たときにその都度求人に出されます。そのため、タイミングが合わなければ、全く求人が無いという事もあります。

そんな中、ドルフィントレーナーになりたいという方もたくさんいて、応募も多数となると、競争率は高くなります。

水族館の就職の倍率は多い所で200倍以上もあると言われているほどなので、資格を取得して求人に応募したからと必ず就職できるわけでは無いようです。

まとめ

いかがでしたか?

ドルフィントレーナーとして働くには、潜水士やダイビングライセンスが就職にとても有利となりますが、その資格をとるためには、それなりに勉強も必要になります。

また、就職に有利となる資格を保有しているからと、確実に面接に受かるわけではなく、特に水族館は倍率が高い傾向にあるので、求人のチェックは常にしておくことをおすすめします!