動物看護師の平均年収はどれくらい?

この記事はこんな人向け!
・動物看護師になりたい人
・動物看護師の平均年収について知りたい人
・動物の命を救うお仕事に関わりたい人

動物看護師の平均年収は280~300万円程度です。一般企業と比べると低い傾向がありますが、動物業界の中では高めになっています。動物看護師は今後、国家資格となっていくため、動物看護師として働くためには資格を取得しなければいけません。しかし、資格を取得することで給料や年収があがる可能性もあります。

動物看護師の実際!平均年収はどれくらい?

ここでは、動物看護師の平均年収について解説していきます。

動物看護師の給料はどれくらい?

動物看護師の給料は月18~22万円程度、初任給となると15~20万円程度になります。動物看護師は一般企業に比べて給料は低い傾向があります。給料の金額は勤務先や勤務年数、地域により異なります。中には、社会年金に加入しておらず、個人で支払わなければいけない職場もありますので、求職時には給料の高さだけでなく福利厚生面もしっかり見ておくことをおすすめします。

動物看護師の就職先は、動物病院だけでなく、検査センター、二次診療病院、大学病院、専門学校などがあります。就職先により給料や福利厚生も変わります。

年収にするとどれくらい?

動物看護師の年収は280~300万円程度です。年収は給料だけでなく、ボーナスの有無なども関係してくるため、勤務先により異なります。動物看護師の給料は他の一般企業に比べて昇給しにくいです。そのため、勤務年数を重ねても年収が急激にあがることがあまりありません。しかし、仕事を評価されることにより給料や年収があがることもあります。

年収をあげるためには?

動物看護師の年収をあげる方法としては、長く続けること、資格取得、転職などがあげられます。動物看護師は数年勤務することで1人前になります。動物病院で長く働くことにより、院長先生や経営者、先輩動物看護師から高い評価を得ることもできます。評価を得ることで役職が付き、給料や年収をあげてもらうことも可能です。

中には、なかなか給料があがらないこともあります。長く勤務していても給料があがることが難しいのであれば、給料や福利厚生の良い動物病院に転職することもおすすめです。ただし、人間関係もリセットされるため、メリットもデメリットもあります。

今後、動物看護師は国家資格となっていきます。国家資格を取得することにより、給料や年収があがることがあります。動物関係の資格は、他にも愛玩動物飼養管理士やペット飼養管理士、トリマーなどの資格もあるので、取得しておくこともおすすめです。

動物看護師の仕事は楽な仕事ではありません。年収は日本の平均より低いだけでなく、勤務時間は長く、楽しいばかりではありません。しかし、動物看護師は自分の努力次第で、年収をあげることもできます。独自で勉強することや資格取得することでやりがいもでてきます。