勉強しておこう!動物看護師に英語が必要な理由

この記事はこんな人向け!
・動物看護師になりたい人
・動物看護師に英語が必要な理由について知りたい人
・動物の命を救うお仕事に関わりたい人

動物看護師は動物についての知識が必要不可欠です。では、英語はどうでしょうか?「動物関係の仕事なんだから英語は必要ないでしょ?」と思う人もいますよね。しかし、動物看護師でも英語ができたほうが良い理由があります。今回は動物看護師に英語が必要な理由について紹介していきます。

動物看護師に英語が必要な理由

動物看護師は獣医師の補助をする仕事だから英語なんて必要ないと思ってしまいがちです。実際、動物看護師として働いている人の中で英語を熱心に勉強しているという人は少ないのが現状です。しかし、動物看護師でも英語を勉強しておくことは働く上で役に立ってくることがあります。

 日本に住んでいる外国人も動物病院に来ることがある

動物病院は日本人のみがくるとは限りません。実際に私が働いていた動物病院でも、日本語を話すことのできない外国人の方が犬を連れて受診しにきていました。

動物看護師は受付などの業務を行うことがありますから、外国人の対応もしなくてはいけません。万が一病院にやってきた外国人のペットが命の危険がある状態だった時に言葉が通じないことで治療が遅れてしまう可能性もあります。

そういったことにならないためにも英語は勉強しておく必要があるのです。英語を学んでおくことで救える命があるかもしれません。

 論文などは英語のものが多い

動物看護師になろうと考えている人の中には動物の病気などについて深く知りたいという気持ちで論文などを読んでみようと考えている人もいるかもしれません。しかし、論文は英語などで書かれていることがほとんどです。そういった時に英語を勉強しておけばスムーズに読むことができますよね。日本語でも読むことの難しい論文を英語で読まなくてはいけないとなるとかなりの労力になりますから、しっかりと英語の勉強はしておきましょう。

 英語を勉強しておくことに損はない!

ここまで英語が必要になってくるシチュエーションを紹介していきました。どんなシチュエーションに出くわすかはわかりません。もしかしたら、就職した動物病院には外国人がやってくることはないかもしれません。しかし、英語を勉強することに無駄は一切ありません。いつどんな時に役に立つかわからないですが、時間のある時に英語を勉強しておくことは非常に有益なことです。

動物についての知識を身につけるのと同時に英語にも触れてみるようにしてみてくださいね。

いかがでしたでしょうか?

今回は動物看護師に英語が必要なのかについて紹介していきました。一見、動物看護師と英語は関係がなさそうに見えてしまいますが、どのような状況に直面するかは誰にもわかりません。しかし、英語を学んでこなくて後悔するよりも英語を学んでおいてよかったと思えた方が良いですよね。ぜひ、動物についてだけでなく英語も学んでみてくださいね。